September 15, 2021

9/8 AYA世代がん患者等に対する支援を充実します 東京都

AYA世代がん患者等に対する支援を充実します
東京都若年がん患者等生殖機能温存治療費助成事業の開始・AYA世代がん相談情報センターの開設

 東京都では、AYA世代【注1】のがん患者等に対し、世代の特性に応じた医療提供・相談支援が行われるよう取組を行っています。
その一環として、この度、全国初の取組として、生殖機能温存治療から妊娠のための治療までを一体的に支援する事業を開始するとともに、AYA世代がん患者の方が必要な情報を得、相談・交流できる場として、「AYA世代がん相談情報センター」を開設することといたしましたのでお知らせします。

【注1】主に15歳以上40歳未満の思春期及び若年成人世代。成人のがんに比べて患者数が少なく、疾患構成が多様であることから、診療経験や相談事例が蓄積されにくい。

1 東京都若年がん患者等生殖機能温存治療費助成事業

 がん等の治療の影響により、生殖機能(妊よう性)が低下又は失われるおそれがあります。そのため、若年がん患者等が、将来の妊娠に備えながら、希望を持ってがん治療等に取り組むことができるよう、生殖機能温存治療から卵子等の凍結保存・更新・妊娠のための治療を一体的に支援する事業を開始します。
凍結保存の更新や妊娠のための治療を含め、一体的に支援するのは、全国初の取組です。
助成内容や申請方法等の詳細については、別紙(PDF:261KB)または以下の福祉保健局ホームページを御覧ください。

申請受付開始日 令和3年9月8日(水)

 https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/09/03/08.html

|

9/8 AYA世代がん患者等に対する支援を充実します 東京都

AYA世代がん患者等に対する支援を充実します
東京都若年がん患者等生殖機能温存治療費助成事業の開始・AYA世代がん相談情報センターの開設

 東京都では、AYA世代【注1】のがん患者等に対し、世代の特性に応じた医療提供・相談支援が行われるよう取組を行っています。
その一環として、この度、全国初の取組として、生殖機能温存治療から妊娠のための治療までを一体的に支援する事業を開始するとともに、AYA世代がん患者の方が必要な情報を得、相談・交流できる場として、「AYA世代がん相談情報センター」を開設することといたしましたのでお知らせします。

【注1】主に15歳以上40歳未満の思春期及び若年成人世代。成人のがんに比べて患者数が少なく、疾患構成が多様であることから、診療経験や相談事例が蓄積されにくい。

1 東京都若年がん患者等生殖機能温存治療費助成事業

 がん等の治療の影響により、生殖機能(妊よう性)が低下又は失われるおそれがあります。そのため、若年がん患者等が、将来の妊娠に備えながら、希望を持ってがん治療等に取り組むことができるよう、生殖機能温存治療から卵子等の凍結保存・更新・妊娠のための治療を一体的に支援する事業を開始します。
凍結保存の更新や妊娠のための治療を含め、一体的に支援するのは、全国初の取組です。
助成内容や申請方法等の詳細については、別紙(PDF:261KB)または以下の福祉保健局ホームページを御覧ください。

申請受付開始日 令和3年9月8日(水)

 https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/09/03/08.html

|

September 13, 2021

9/13 アストラゼネカ・大阪府共催「がん検診アラート2021」PRイベントを開催

2191303

アストラゼネカ・大阪府共催「がん検診アラート2021」PRイベントを開催

 PRTIMES 21/09/13  アストラゼネカ株式会社

コロナ禍で胃がん発見・手術を経験された東ちづるさん、ご家族のがん罹患体験があるつるの剛士さんがスペシャルゲストとして登場コロナ禍における、誰でもできる「がん検診促進アクション」を発表

 

アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:ステファン・ヴォックスストラム)は、2021年9月13日(月)に東京コンファレンスセンター・品川(東京会場)、ブリーゼプラザ(大阪会場)にて、アストラゼネカ・大阪府共催「がん検診アラート2021」PRイベントを開催いたしました。本イベントには特別ゲストとして、タレントの東ちづるさん、つるの剛士さんが登場しました。
 当日は、アストラゼネカ株式会社オンコロジー事業本部 事業本部長 森田慎一郎と、大阪府健康医療部健康推進室健康づくり課長 勝見友一氏に、アストラゼネカ社と大阪府が進めるがん検診受診促進の取組みについて概要を説明頂き、また国立がん研究センター 社会と健康研究センター 検診研究部部長 中山富雄先生にもご登壇頂き、がん検診受診率の最新動向に関してご説明いただきました。

  https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000337.000024308.html

» Continue reading

|

9/11 阪南市を歩く

2191122 21911122191111219111521911132191114219111621911172191118219111921911202191121
  9月11日、いよいよ秋です。ごん太と松尾川沿いを歩き、その後、阪南市下出と自然田を歩きました。
 途中、下出でおかき屋さんを見つけ、つれあいにお土産を求めました。また、和泉鳥取台の山中川沿いの林にたくさんのドングリの実を付けた木々を見つけました。
 つれあいの知人が「宮嶋の鹿のえさにどんぐりを!」とのよべかけられていたことが気になりました。
 一方では、宮嶋の鹿」の話題も

» Continue reading

|

September 10, 2021

9/10 シンママ応援団へ物資支援

2191011 2191012 2191013 2191014 2191016
 9月10日、ごん太と散歩し、鴨、カイツブリ、白ネギの収穫をみかけました。午前は、患者会の用務で、大阪難病連を通じて大阪府への肝炎対策要望事項をまとめ、会の役員に点検をお願いしました。
 午後から、大阪肝臓友の会共同事務所へ郵便物の回収、お隣の国労会館内のシンママ応援団事務局に、ご近所から提供いただいた物資を届けました。

» Continue reading

|

September 03, 2021

9/2 がんの遺伝子検査(マイクロサテライト不安定性検査)、保険診療の中で「すべての固形がん」に実施可―厚労省

がんの遺伝子検査(マイクロサテライト不安定性検査)、保険診療の中で「すべての固形がん」に実施可―厚労省

 GemMed 21/09/02

 がん遺伝子検査の1つである「マイクロサテライト不安定性」検査について、保険診療の中で「すべての固形がん」を対象に実施することを認める―。
 厚生労働省は8月25日に通知「検査料の点数の取扱いについて」を発出し、こうした点を明らかにしました。同日(8月25日)から適用されています(厚労省のサイトはこちら)。

マイクロサテライト不安定性=がんになりやすい状態、抗がん剤選択で重要ポイント

 マイクロサテライト不安定性検査については、従前、▼局所進行または転移が認められた標準的な治療が困難な固形がん▼手術後の大腸がん―において実施することが認められていました。今般、この対象に関する縛りを解き、「すべての固形がん」に対して、マイクロサテライト不安定性検査を実施することが保険診療の中で認められました

  https://gemmed.ghc-j.com/?p=42825

 





 

 

 

|

September 02, 2021

9/1 厚労省肝炎対策推進協議会など

2190111 2190113 2190112 2190114 2190115
  9月1日、朝ごん太との散歩は松尾川沿いを歩きました。稲穂も垂れて秋の景色です。
 午後から肝臓友の会の会報作りに取り組みました。友の会の会員でB型肝炎訴訟原告団で頑張っておられるK女史から、昨日の大臣協議の報告原稿も届けられました。頼んでいた原稿はそろいました。
 

» Continue reading

|

9/1 国立がん研究センターに新組織「がん対策研究所」

国立がん研究センターに新組織「がん対策研究所」

m3ニュース 21/09/01

 国立がん研究センター(理事長・中釜斉)は9月1日、「がん対策研究所」を新たに開設した。これまで公衆衛生・社会医学研究を担ってきた「社会と健康研究センター」と、がんの情報提供などを行ってきた「がん対策情報センター」を統合した組織で、高度化・多様化が求められるがん対策を推進する。8月31日、新組織の所長も兼務する中釜理事長、祖父江友孝副所長らが会見を行い発表した。

  https://www.m3.com/news/open/iryoishin/959801

 

|

September 01, 2021

9/1 すい臓がんブレークスルーに向けて始動!——『世界がん撲滅サミット2021 in OSAKA』

すい臓がんブレークスルーに向けて始動!——『世界がん撲滅サミット2021 in OSAKA』

PRTIMES 21/09/01 世界がん撲滅サミット2021実行委員会
 このたび『世界がん撲滅サミット2021 in OSAKA』(https://cancer-zero.com)が2021年12月5日(日)午後1時~大阪国際会議場5Fメインホールで開催されることが正式に決定した。
 さて、本大会開催を記念していよいよ『すい臓がんブレークスルー・ プロジェクト』が始動する。
 これは10年生存率が大腸がん67.2%、乳がん87.5%に比べて6.5%と圧倒的に低いすい臓がんに対して有効な治療法を見出だそうとしている志ある医療者、研究者、患者、ご家族とともにすい臓がんの生存率を上昇させ、同時に将来的に撲滅していこうというものだ。
 たとえば、既存の治療法で限界があるようなら画期的な超早期発見技術とこれまでとは違う角度からすい臓がんに向き合う新しい治療法を1日も早く確立することが重要になってくる。
 そこで『世界がん撲滅サミット2021 in OSAKA』開催を機にこうしたすい臓がん治療を推進して行くために先のプロジェクトが開始されるという。

  https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000064517.html

 

» Continue reading

|

August 29, 2021

8/28 渡航臓器移植で邦人2人死亡 ブルガリアへ、業者仲介

渡航臓器移植で邦人2人死亡 ブルガリアへ、業者仲介

KYODO 21/08/28
 昨年から今年にかけて、東京の業者の仲介でブルガリアに渡航して生体肝移植と生体腎移植を受けた日本人男性2人が、術後に容体が悪化して死亡していたことが28日、遺族らへの取材で分かった。業者は現地の病院に行ったことがなく、肝移植に関わった経験がなかった。
 遺族の一人は「臓器提供者(ドナー)の体格や手術の内容が聞いていた話と違い、業者や病院から出てくる情報も不確かだった」と憤る。現地の医療体制の情報や手続きの透明性に欠ける渡航移植の危険性が浮き彫りになった。
  https://news.yahoo.co.jp/articles/a25e9408caed9d94063dbeb672ba3dbf4aa9315f

|

«8/26 アンネのバラが咲きました。パソコン廃棄のお手伝い