« C型肝炎治療ガイドライン | Main | かかりつけ医 »

June 01, 2004

政治部記者 東奔西走!

  3月29日、弁護士さん、原告の武田さん、私が愛媛県庁県政記者室に出向き、4/4に松山で行う医療講演会・患者交流会の記者レクを行いました。
 当日、記者レクに顔を出されたのは、愛媛新聞のU記者。
 1社のみで、大阪や福岡から弁護士さんなどが参加しているのに、申し訳なさそうに、Uさんはいろいろと聞いてくださいました。
 HIVと同じようにこれからも大切なテーマとして取材したいと語っておられました。
 その後も、武田さんを追っかけて取材を続けておられます。
 4月4日の講演会の時も、古い一眼レフカメラ(ペンタックスSP?)を持参して取材されていました。
 その後の5月24日、大阪地裁での弁論・陳述、中之島公会堂での報告集会にも来販され、夜遅くまで私たちにつきあわれ、精力的に取材されていました。

 彼女の記事 「取材最前線 当事者の力」が5/30付朝刊に載っています。(概要は下記の通り)
   -------------------------------------------
 DV(配偶者からの暴力)の実態や支援をどうすればよいか、あるDV被害者が医療従事者を対象にした勉強会を企画。今でも危険な立場にいることには変わりないが「自分の姿が同じように苦しむ被害者に勇気を与えることができれば」との思いが、彼女を動かした。
 一方、大阪地裁で争われている薬害肝炎訴訟では、武田せい子さんが原告第一号となって闘っている。武田さんは率先して実名を公表し、訴訟の顔となって動いている。
 生きていく上で不都合があっても、だれかがよくしてくれる。こうして腰を引き、とかく突出することを嫌う人が多数を占める本県において、勇気を持って立ち上がった当事者たち。その、苦しい経験から紡ぎ出される重い言葉に、真摯(しんし)に耳を傾けたい。
  --------------------------------------------

|

« C型肝炎治療ガイドライン | Main | かかりつけ医 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/689930

Listed below are links to weblogs that reference 政治部記者 東奔西走!:

« C型肝炎治療ガイドライン | Main | かかりつけ医 »