« インターフェロン治療に助成 岩手県紫波町 | Main | 13日千葉で 講演会 »

June 12, 2004

病院の「患者情報室」

 11日、府PTA協議会の総会が大阪国際交流センターで開催されました。私の街でのPTA活動最後のおつとめとして参加しました。
 総会後に、「独立行政法人国立病院機構 大阪医療センター」内にある患者情報室に立ち寄りました。
 このセンターのお世話係Yさんにお話を伺ったところ、最近肝炎患者からの問い合わせや相談が多くなったそうです。お話を伺っていると、この病院を利用しているIさん(旦那さんが肝がんの疑いで通院中)がやってこられ、お話をお伺いしました。Iさんは、ここで肝がんの体験記などを記した本を探しに来られたのです。
 旦那さんが「肝がん」と診断がつけばどのような治療法が良いのか悩んでおられました。

 患者情報室

  2002年4月に大腸がんで亡くなられた、朝日新聞記者 故井上平三さんの遺志を引き継ぎ、夫人が寄付された基金を財源に、2003年10月に開設されました。
 「患者が気軽に病気や検査・治療方法を学ぶことができる情報室があれば」「同じ病気や治療を受けた先輩患者の体験談を知りたい」と平三氏が語っていたことを具現化されたものです。
 「患者情報室」は、国立病院大阪医療センターが場所を提供し、NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル)が企画・運営を担当します。
 癌治療薬早期認可を求める会代表・三浦捷一氏が執筆した「癌と闘う」や大阪の肝がん患者など肝臓病患者会の会報「友の会だより」なども寄贈し閲覧できるようになっています。

 開室時間:10:00 - 16:00
 電   話:06-6942-7321(直通)
 住   所:〒540-0006 大阪市中央区法円坂2-1-14
      独立行政法人国立病院機構 大阪医療センター内
       救急災害医療棟1階

 ● 相談員が常時複数おられ、書籍も2000冊を超え、各患者団体
   の会報やパンフレットなども閲覧できるようになっています。
    また、パソコンでインターネット利用して治療情報なども調べる
   ことができます。

   写真は、お二人の相談員と書架    

患者相談室風景

|

« インターフェロン治療に助成 岩手県紫波町 | Main | 13日千葉で 講演会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 病院の「患者情報室」:

« インターフェロン治療に助成 岩手県紫波町 | Main | 13日千葉で 講演会 »