« 「薬害肝炎訴訟を支える会大阪」のブログ | Main | 患者のなげき »

June 16, 2004

保健所の仕事 難病患者支援

 16日、私が所属する患者会の会員さんがいる米子(鳥取県)まで行ってきました。
 米子保健所で、「原発性胆汁性肝硬変」患者の交流会が行われたので見学です。
 この保健所では、数年前から難病患者支援事業として、患者交流会を行っています。
 11人の患者。家族が集まり、情報交換やら療養上の心配事を出し合って交流を行っていました。
 のどの渇きや涙が出ない(シューグレン症候群)症状を持った方が多く、他に指先のしびれや、リウマチ様症状を訴えておられた方も。食道静脈瘤の治療を何度も受けておられる方は、歌手の牧村三枝子さん同じ治療を受けて復帰された、一度お呼びして歌や体験を聞きたい・・・・にぎやかに交流が行われました。
 S保健師さんからは、今年も3回ほど交流会を計画する、そのうち1回は専門医を呼んで勉強会をしたい、お呼びするドクターの希望を出して欲しいと提案されていました。

 私からは、全国のPBCの患者会の状況を説明し、7月25日米子で行われる「肝臓病講演会・患者交流会」への参加のお願いをしました。(交流会参加の皆さんで記念写真を撮りました。)

鳥取、米子風景
 写真 上 米子保健所でのPBC(原発性胆汁性
        肝硬変)患者交流会
     中 左 因美線なぎ駅
        中 津ノ井 鳥取平野の田園風景
        右 鳥取 鳥取ろう学校写真部作品集が
              おいてあった喫茶店
     下 左 国道9号線が走る海岸
        中 米子保健所前からの大山
        右 無駄遣い公共事業 苫田ダム
          未だに工事中です(岡山県)
          苫田ダム 試験潅水開始

|

« 「薬害肝炎訴訟を支える会大阪」のブログ | Main | 患者のなげき »

Comments

 関連記事、米子保健所
      7/25 講演会場確保で協力いただく

Posted by: sin | June 17, 2004 at 10:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/783744

Listed below are links to weblogs that reference 保健所の仕事 難病患者支援:

« 「薬害肝炎訴訟を支える会大阪」のブログ | Main | 患者のなげき »