« 保健所の仕事 難病患者支援 | Main | シネヌーヴォで »

June 17, 2004

患者のなげき

 14日、耳原総合病院で定期的に受けている胃カメラ検査。何度受けてもなれない、苦痛でいやなものです。
 検査を担当されてO医師、「静脈瘤はできていません。胃の方も大丈夫ですよ」と簡単な説明をしてくれました。
 検査室を出ると、10年来闘病の先輩であるKさん。エコーとCTの検査があるそうです。肝炎も相当進んで、線維化の進行と肝発がんを阻止する目的で少量(300万単位)のインターフェロン(2a)を週2回、グリチルリチン注射薬2アンプルを週3回、耳原病院で受けておられます。
 お住まいからは遠い病院ですが、CTやエコー検査を頻繁に受けておられるので、高額療養費が病院毎の「限度額」で、近所にかかりつけ医を持てないと嘆いておられました。ご夫婦で年金生活、収入が少ないので医療費負担には耐えられない。

|

« 保健所の仕事 難病患者支援 | Main | シネヌーヴォで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/783762

Listed below are links to weblogs that reference 患者のなげき:

« 保健所の仕事 難病患者支援 | Main | シネヌーヴォで »