« 一人一人の患者を大切に! 飯野証言  | Main | ウイルス性肝炎患者の人権 »

June 23, 2004

公立病院も情報自主公開 フィブリノゲン問題 但馬で

 神戸新聞は22日、「兵庫県北部、但馬地域の公立六病院は21日、C型肝炎の感染源とされる血液製剤「フィブリノゲン」を、1980年から同製剤に関する緊急安全情報が出た88年までの9年間に、計約2,200本を納入していた、と発表した」と報じました。

 この6か所の病院は、22日から相談窓口を設けるなどし、カルテとの照合などで、同製剤の投与の有無を確認するなど受診患者の相談にも応じるそうです。

 豊岡病院(専用直通)TEL0796-24-3123
 日高病院      TEL0796-42-1611
 出石病院      TEL0796-52-2555
 梁瀬病院      TEL079-676-3157
 和田山病院     TEL079-674-2021
 八鹿病院      TEL079-662-3135
 香住病院      TEL0796-36-1166
 浜坂病院      TEL0796-82-1611
(それぞれ平日午前9時~午後5時まで)

 公立病院で自主公開されたのは、名古屋市立病院関係に次いで、全国ではまだまだ少ないようです。
 また、すでに尼崎市の尼崎医療生協病院が納入の事実を公表しています。

 大阪では、耳原総合病院も使用の事実を公表し、該当者には個別に通知しC型肝炎検査を受けるように呼びかけています。

 豊岡病院での呼びかけ

 このように、今後たくさんの医療機関が自ら調査し自主公表されるように切に望みます。
 あわせて厚労省は、7004の納入医療機関の公表を急ぐべきです。

 福岡の古賀弁護士のブログサイトでも、医療機関が自主的にフィブリノゲンの納入事実を公表し検査を受けるように呼びかけている医療機関リストを紹介しています。

|

« 一人一人の患者を大切に! 飯野証言  | Main | ウイルス性肝炎患者の人権 »

Comments

If you have now one, great; should you not, then consider installing one, these are perfect for storage area and since they're flush resistant to the wall, it provides a clean appearance. One with the cheapest ways it is possible to update the appearance of your kitchen area cabinets is usually to simply tend to affect the hardware on them. Such lifts are perfect for those people who are handicapped.

Posted by: custom stairs va | February 06, 2015 12:25 PM

However, you may be surprised that you may be able to obtain financing without having to give up a significant portion of your business to a third party. A number of benefits associated with Organization connections a person of incorporate. " To treat both of these groups the way you would want to be treated would be to lessen your effectiveness by at least 50%.

Posted by: wp business directory | February 12, 2015 05:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 公立病院も情報自主公開 フィブリノゲン問題 但馬で:

» 兵庫/但馬/公立病院、フィブリノゲン納入情報公開 [大阪/薬害肝炎訴訟のBlog]
 「兵庫県北部、但馬地方の公立六病院は21日、C型肝炎の感染源とされる血液製剤 「フィブリノゲン」を、1980年から同製剤に関する緊急安全情報が出された 8... [Read More]

Tracked on June 23, 2004 10:24 PM

« 一人一人の患者を大切に! 飯野証言  | Main | ウイルス性肝炎患者の人権 »