« 島根・岡山・鹿児島で 肝臓病講演会・患者交流会 | Main | 難病としての肝炎対策 北海道新聞で »

June 04, 2004

納得できる医療 患者中心とは

 昨日3日、NHKクローズアップ現代で、「納得”のがん治療を目指せ」を放送していました。
 静岡県立がんセンターの取り組みです。
 患者が自身の病状を電子カルテからみることができる、主治医からきちんと病状について説明を受け、治療法について自身で決めることができる病院システムを作り上げていこうとする様子を放送していました。

 患者会などで同病者による相談活動に携わっていて、同病の患者から相談を受けるその内容は、ドクターからきちんと自身の病状と治療計画の説明がされていないことです。
 驚くことには、高名な専門医といわれる方ほど、たくさん患者が集中し、1日の外来診療ではゆっくり説明を受けられない、患者側からしつこく説明を求めると他のドクターを紹介するからそちらで説明を受けてほしいと。

 先日の講演会の講師(開業医)のドクターも、ある病院の専門医からたくさん患者を紹介されるようになったと、講演後の雑談のおりにいっておられました。

 C型肝炎の患者さんも多く、毎年肝臓病でなくなる方は4万5千人にも上っています。治療ガイドラインだけでなく、ウイルス肝炎の治療体制をきちんとしなければなりません。 

|

« 島根・岡山・鹿児島で 肝臓病講演会・患者交流会 | Main | 難病としての肝炎対策 北海道新聞で »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/708582

Listed below are links to weblogs that reference 納得できる医療 患者中心とは:

« 島根・岡山・鹿児島で 肝臓病講演会・患者交流会 | Main | 難病としての肝炎対策 北海道新聞で »