« 福岡のこと、米子のこと | Main | 癌 集学的治療をめざして »

July 17, 2004

患者・家族向け情報誌

 大阪肝臓友の会(患者会)は、肝臓病患者家族向け情報誌「友の会だより」105号を発行しました。
 15日には、1,100部を会員有志によって、封筒詰めし、宛名ラベルを貼って郵便局から発送しました。


友の会だより105号表紙

 写真 友の会だより105号表紙


   

 今号の内容は 講演会・相談会・患者交流会ご案内(5イベント)
           電話相談「肝炎110番」案内
    ・講演録「肝硬変患者の療養」、同Q&A
    ・報告  「あきらめてはいけません」
           ・・・肝癌に関する外科的治療講演・療養相談会
          1960年代から重い病気と認識
            ・・・薬害肝炎訴訟傍聴記
          国会請願と政党とのヒアリング、他
    ・肝臓情報 C型肝炎インターフェロン無効例に対する治療法
          新治療薬情報(アデホビル・ペグイントロン)
          インターフェロン自己注射
          グリチルリチン注射薬 先発品と後発品
          HCVRNAハイレンジ法 保険適用
          新刊情報
          ウルソ・・・ミニ情報
    ・おたより・絵手紙 24人分掲載
    ・事務局から(難病対策署名のお願い、カンパ報告、
            ボランティア募集
            インターネット情報、療養相談の窓から、
            薬害肝炎訴訟次回期日のお知らせ)

 体裁は、B5版、50頁
 頒価 500円

|

« 福岡のこと、米子のこと | Main | 癌 集学的治療をめざして »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/988397

Listed below are links to weblogs that reference 患者・家族向け情報誌:

« 福岡のこと、米子のこと | Main | 癌 集学的治療をめざして »