« 薬の副作用予防対策 マニュアル作りへ | Main | 療養と臨床検査 学会からの注文 »

August 19, 2004

負担が堪らない CT検査

 昨日は、私の検査と診察日。3月に上京した際に体調を崩し、そのときの検査で引っかかって以来、3か月に一度、造影CT検査を受けています。
 今回の検査結果で、疑わしいところは肝硬変からくるシャントと判断され、肝がんの疑いはとりあえず無くなりほっとしています。

 私は、基本的な肝臓など内科検診は、隣市のSクリニック、CTは、泉佐野市のI有床クリニック、胃カメラ・腹部超音波検査は北隣の市のM病院、肝臓以外の体調不良の時は、家庭医のすぐ近くのNクリニックと使い分けています。
 肝がんが心配でそうしています。

 夜は、SクリニックのK医師の診察日でした。先月受けた胃カメラ、循環器系のエコー、負荷心電図などの結果(M病院で実施)説明を聞きました。触診やら血圧測定をしてもらって、検査結果で引っかかっているところの今後の対処法でドクター自身が悩んでいることの説明を聞きました。次回までに専門医と相談しておくとのことです。
 ここでかかった医療費自己負担額は、1050円(診察料、指導料)です。ドクターと面と向かって相談した時間は、昼のCT検査結果の説明(診察料部分の自己負担2202円)よりこちらの方が長かったのです。
 それにしても、医療費が大変です。昨日のCT検査(読影含む)と同時に採血して行われる血液検査、CTの説明などを含めて支払総額は15140円です。検査だけでこれですから、肝硬変が重くなったり、肝がんが併発して定期的に治療している場合は、大変なことになります。
 高額療養費も医療機関が変わったり、入院と通院でも別計算です。肝硬変・肝がんのなかまたちの苦労を体感した1日でした。

 17日深夜、フジテレビ系列のニュースJAPANをみました。「検証C型肝炎」が放送され、大阪の原告(肝がん患者)が取り上げられ、裁判の進行状況と裁判迅速化法が紹介されていました。
 年間120万円もかかる医療費にも触れられていました。国は、もっと裁判が早く進行するように取り組んでほしいものです。

|

« 薬の副作用予防対策 マニュアル作りへ | Main | 療養と臨床検査 学会からの注文 »

Comments

 後日談
 S診療所の看護師さんから本日、循環器系の検査結果の対応について相談したいのでK医師の診察日に来所いただきたい」と連絡が入りました。
 25日の夜診に伺うことにしました。
 この日は、朝から大阪地裁の期日、飯野四郎医師への反対尋問を傍聴する予定です。
 夜の懇親交流会には参加できないことになりました。残念ですが、意志の弱い私には飲酒の機会から遠ざかることはよいことです。

Posted by: sin | August 19, 2004 09:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 負担が堪らない CT検査:

« 薬の副作用予防対策 マニュアル作りへ | Main | 療養と臨床検査 学会からの注文 »