« ペグインターフェロン+リバビリン 承認作業 | Main | 負担が堪らない CT検査 »

August 18, 2004

薬の副作用予防対策 マニュアル作りへ

薬の副作用、症状別に整理しマニュアル作成 厚労省方針
 朝日新聞 04/08/16夕刊で報道された内容を要約すると
   -----------------------------------
 厚生労働省は、医薬品の重い副作用による疾患の診断法や治療法の「対応マニュアル」を作ることを決めた。05年度から4年間で120疾患をマニュアル化する方針。
 マニュアルは医薬品医療機器総合機構のホームページに掲載、患者向けの「自覚症状リスト」も作り、医療側と患者側から早期発見をめざす。
 10月に「重篤副作用総合対策検討会」を設置、血液や肝臓など10の作業班をつくり、重篤度や患者の多さから対応を急ぐべき疾患を選び、関係学会と連携し、毎年30疾患ずつマニュアルを作成する。

|

« ペグインターフェロン+リバビリン 承認作業 | Main | 負担が堪らない CT検査 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/1223729

Listed below are links to weblogs that reference 薬の副作用予防対策 マニュアル作りへ:

« ペグインターフェロン+リバビリン 承認作業 | Main | 負担が堪らない CT検査 »