« 消化器症状の治療薬などで劇症肝炎 | Main | 深刻な肝がん再発 »

August 28, 2004

元FDA バーカー氏証人尋問迫る

 31日から、アメリカのFDAが1977年にフィブリノゲンの製造承認を取り消した時の担当者 バーカー氏の証人尋問が始まります。
 薬害肝炎訴訟・東京の裁判を支援する会の世話人さんからいただいたメールを転載させて頂きます。
  ------------------------------------

 薬害根絶デーはご苦労様でした。有楽町マリオン前でのウチワ配りに始り、厚生労働省前でのリレートーク、国会議員会館会議室における全国学生の会の立ち上げ、弁護士会館での集会と、薬害肝炎を世の中に訴える熱い一日となりました。

 さて、薬害肝炎東京訴訟は、いよいよバーカー証人尋問です。皆さん傍聴席を埋め尽くしましょう。

■第1日目:8月31日(火)10:00~14:30
  東京地方裁判所103号法廷(1階大法廷)
  傍聴席が満室になり入れなかった場合、弁護士会館に控え室を用意しました。裁判終了後は報告集会を行います。
  *10時~13時 弁護士会館5階 502ABC
  *13時~17時 弁護士会館5階 502ABCDEF

■第2日目:9月1日(水)13:00~17:00
  東京地方裁判所103号法廷(1階大法廷)
  傍聴席が満室になり入れなかった場合、弁護士会館に控え室を用意しました。裁判終了後は報告集会を行います。
  *13時~17時 弁護士会館10階 103ABCDです。

|

« 消化器症状の治療薬などで劇症肝炎 | Main | 深刻な肝がん再発 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/1296117

Listed below are links to weblogs that reference 元FDA バーカー氏証人尋問迫る:

« 消化器症状の治療薬などで劇症肝炎 | Main | 深刻な肝がん再発 »