« 肝臓病患者会の交流 | Main | 「大切な家族」 米国の基準  »

September 04, 2004

大阪が第1位 HCV感染率

 厚生労働省は2日、各市町村が2003年度に実施した住民検診でB・C型肝炎ウイルス検査を受検した方々のウイルス陽性者数などのデータを公表しました。

 詳細な資料を日肝協事務局は入手しました。届き次第紹介しますが、今回はYahoo newsからデータを拾ってみますと、「最も高かったのは大阪市で、次いで佐賀県、北九州市、香川県の順」。
 共同通信の配信
 西日本新聞

|

« 肝臓病患者会の交流 | Main | 「大切な家族」 米国の基準  »

Comments

Posted by: amaycougvc | September 14, 2017 at 11:23 AM

Posted by: bizcpcwa | September 14, 2017 at 03:51 PM

Posted by: cfourun | September 14, 2017 at 06:06 PM

Posted by: cfourun | September 14, 2017 at 06:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/1359788

Listed below are links to weblogs that reference 大阪が第1位 HCV感染率:

» 福岡の650回 健康教育と相談 [肝臓のなかまたち]
 厚生労働省が2002年度から行っている老人保健法に基づく保健事業で行っている肝 [Read More]

Tracked on September 07, 2004 at 09:00 AM

» 低すぎる受診率 C型肝炎節目検診 [肝臓のなかまたち]
 日肝協から、厚労省の報告書「平成15年度肝炎ウイルス検診等の実績について」が送 [Read More]

Tracked on September 09, 2004 at 05:04 AM

« 肝臓病患者会の交流 | Main | 「大切な家族」 米国の基準  »