« 難病相談支援センター 大阪難病連が | Main | フィブリノゲン 都道府県担当者全国会議開催される »

September 27, 2004

フィブリノゲン 8割の医療機関に記録無し

 毎日新聞社のオンラインニュース(04/09/27)によれば、
 「 旧ミドリ十字:血液製剤 医療機関8割以上、投与記録なし 」の見出しで次のように報道されています。

 「厚労省は、ウェル社の調べで特定された納入先医療機関6518カ所(廃院、統廃合を含む)に対し、納入の事実や患者への通知、記録の有無などを文書で問い合わせ、9月21日現在、5221カ所から回答があった。血液製剤フィブリノゲンの投与記録などは8割の医療機関で保存されていなかった」と報じています。
 記事は「厚労省は記録による患者の特定は難しい。納入先医療機関と協力して、可能性のある患者に広くウイルス検査の受診を呼びかける方針」となっています。

|

« 難病相談支援センター 大阪難病連が | Main | フィブリノゲン 都道府県担当者全国会議開催される »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フィブリノゲン 8割の医療機関に記録無し:

« 難病相談支援センター 大阪難病連が | Main | フィブリノゲン 都道府県担当者全国会議開催される »