« 難病相談支援センター 大阪難病連が | Main | フィブリノゲン 都道府県担当者全国会議開催される »

September 27, 2004

フィブリノゲン 8割の医療機関に記録無し

 毎日新聞社のオンラインニュース(04/09/27)によれば、
 「 旧ミドリ十字:血液製剤 医療機関8割以上、投与記録なし 」の見出しで次のように報道されています。

 「厚労省は、ウェル社の調べで特定された納入先医療機関6518カ所(廃院、統廃合を含む)に対し、納入の事実や患者への通知、記録の有無などを文書で問い合わせ、9月21日現在、5221カ所から回答があった。血液製剤フィブリノゲンの投与記録などは8割の医療機関で保存されていなかった」と報じています。
 記事は「厚労省は記録による患者の特定は難しい。納入先医療機関と協力して、可能性のある患者に広くウイルス検査の受診を呼びかける方針」となっています。

|

« 難病相談支援センター 大阪難病連が | Main | フィブリノゲン 都道府県担当者全国会議開催される »

Comments

I used to be able to find good advice from your content.

Posted by: cheap dedicted servers | October 21, 2015 at 03:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/1534195

Listed below are links to weblogs that reference フィブリノゲン 8割の医療機関に記録無し:

« 難病相談支援センター 大阪難病連が | Main | フィブリノゲン 都道府県担当者全国会議開催される »