« HBs抗原陽性 年内出場できず 格闘技 | Main | 肝臓病患者会の交流 »

September 02, 2004

点滴チューブを使い回したと訴え/埼玉

 「深谷のC型肝炎集団感染 新たに3人提訴--院長の妻ら相手に」(04/08/31付)の見出しで毎日新聞オンラインニュースで報じられています。
 記事によると、「深谷市内で00~01年に12人がC型肝炎に集団感染した問題で、感染した同市内の男性2人と女性1人が、診療所の院長(当時61歳)=02年6月に自殺=の妻らを相手取り、慰謝料など計約1億2500万円の損害賠償を求める訴えをさいたま地裁に起こしていた」
 記事では、「点滴のチューブを複数の患者で使いまわした」との主張となっています。

|

« HBs抗原陽性 年内出場できず 格闘技 | Main | 肝臓病患者会の交流 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/1339048

Listed below are links to weblogs that reference 点滴チューブを使い回したと訴え/埼玉:

« HBs抗原陽性 年内出場できず 格闘技 | Main | 肝臓病患者会の交流 »