« 点滴チューブを使い回したと訴え/埼玉 | Main | 大阪が第1位 HCV感染率 »

September 03, 2004

肝臓病患者会の交流

 10月9、10日、大阪・心斎橋近くのホテルで、全国の肝臓病患者会(33都道府県85団体)の全国大会と交流のつどいが行われます。
 肝臓病の療養にかかる諸問題について意見交換、今後の活動方針も討議されます。もちろん、薬害肝炎訴訟についても。
 記念講演は、今年6月に日本肝臓学会理事長に就任した林紀夫氏。テーマは、「ウイルス肝炎治療の現状と将来」、林氏の現在の大学での肩書きは、大阪大学大学院医学系研究科分子制御治療学 教授 。

 この交流のつどいの正確な名称は、「日本肝臓病患者団体協議会 第14回全国交流のつどい・代表者会議」
 開会式、記念講演、分科会などは、一般参加も可能です。(定員あり)
 プログラムの詳細は、日肝協のサイトをご覧下さい。
 申し込みは、先着順。締め切りは9/24までに、日肝協事務局まで。

|

« 点滴チューブを使い回したと訴え/埼玉 | Main | 大阪が第1位 HCV感染率 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 肝臓病患者会の交流:

« 点滴チューブを使い回したと訴え/埼玉 | Main | 大阪が第1位 HCV感染率 »