« ニュースレター6号 | Main | 「友の会だより」の反響 »

October 06, 2004

「C型肝炎に出会って」

 名古屋の弁護士さんのブログに、「C型肝炎に出会って」という本の紹介がでていました。
 この本の著者も東京で薬害肝炎訴訟の裁判を支援されていて、熱心に傍聴されておられるようです。

 この本の著者は、東京都町田市在住の川口順子さん。町田の肝臓病患者会の会員だそうです。
 9日から、大阪・南船場のホテルで行われる日本肝臓病患者団体協議会主催の肝臓病患者会「全国交流の集い」に参加されるようです。お会いできるのが楽しみです。
 お会いできるまでに読んでみようと、私もさっそく、注文しました。

 「C型肝炎に出会って」
    定価 1,365円(本体1,300円)
    判型 四六並
    頁数 184
    発刊日 2004-04-15

 
    

 (注)04/10/07 本文訂正しました。
 当初、名古屋の実名公表された原告金田さんが読んだ感想だと紹介しましたが、名古屋訴訟のブログに掲載された感想は、名古屋訴訟を担当されている弁護士さんが書かれたものでした。お詫びして訂正いたします。

|

« ニュースレター6号 | Main | 「友の会だより」の反響 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/1605931

Listed below are links to weblogs that reference 「C型肝炎に出会って」:

« ニュースレター6号 | Main | 「友の会だより」の反響 »