« 心筋シンチ | Main | 道南5市長会 難病患者への助成継続要望 »

October 02, 2004

ウイルス性肝炎研究者への尋問

 9月28日、東京地裁で薬害肝炎訴訟の原告側証人、大林明医師(フィブリノゲンが製造販売されていた頃に肝臓病の研究をしていたウイルス性肝炎研究者)への主尋問が行われました。
 この内容が、
 ・薬害肝炎訴訟名古屋のブログ
 ・薬害肝炎訴訟を支える会大阪の学生支部の掲示板(10/2)
で報告されています。

|

« 心筋シンチ | Main | 道南5市長会 難病患者への助成継続要望 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ウイルス性肝炎研究者への尋問:

« 心筋シンチ | Main | 道南5市長会 難病患者への助成継続要望 »