« 札幌高裁 B型肝炎訴訟 勝訴判決を考えるつどい  | Main | いずもからのたより »

November 10, 2004

堺市難病支援ネットワーク 肝臓病講演会

 これまで、堺市の保健センターで行われていた「肝臓病講演会」が、「堺市難病支援ネットワーク」(民間団体)が市から委託を受けて行われることになりました。
 私が所属する患者会が堺市在住の会員に届けた案内文書から
   -----------------------
肝臓講演会
「肝機能のパワーアップをはかる治療」
 皆さんいかがお過ごしですか。恒例だった秋の堺市西保健センター(鳳)での「肝臓講演会」はリニュアールされ開催されることになりました。
 今年からは、堺市から事業委託を受けた堺市難病支援ネットワークが主催し、開催場所も変更して行われます。ご注意ください。
 ○ と き 2004年11月23日(火)
        14:00~16:00
 ○ ところ サンスクエア堺 A棟 2階 第1会議室
       JR阪和線堺市駅下車、北西へ徒歩5分
        (堺市田出井町2-1)地図は裏面
 ○ テーマ 「肝機能のパワーアップをはかる治療」
 ○ 講 師  大阪厚生年金病院 内科部長
           片山 和宏 先生
 ○ お問い合わせ・申込み  大阪肝臓友の会事務局 まで。当会会報106号巻末の葉書で。
【会場までの交通】
 南海「堺東駅」から、南海バス18番乗り場から、
 南海「堺駅」から、南海バス3番乗り場から、 
「阪和堺市駅前」下車

 堺市の難病支援ネットワークに関係する記載は、

 ①肝臓のなかまたち 堺市 難病支援ネットワーク
   http://oosaka-hepatic.cocolog-nifty.com/00/2004/09/post_14.html
 ②ソフィアネット (堺市生涯学習情報提供システム)
   http://www.sophia-net.educ.sakai.osaka.jp/soopdg.asp?tcode=001&sel=G16735
 ③難病患者の交流の広場開設について
   http://www.city.sakai.osaka.jp/city/info/_koho/pub0407/22_4.pdf

|

« 札幌高裁 B型肝炎訴訟 勝訴判決を考えるつどい  | Main | いずもからのたより »

Comments

 <当日配布される講師の片山先生のレジメから>
4.肝硬変のタンパク質代謝異常の治療:タンパク質摂取、分割食、分岐鎖アミノ酸の補充。アンモニアが上昇しだすとタンパク質摂取制限+分岐鎖アミノ酸摂取、ラクチトール服用、吸収されない抗生物質服用、亜鉛補充

5.肝硬変におけるタンパク質摂取治療とアンモニア上昇のジレンマと対策:筋肉保持(安静ばかりはかえってよくない)と亜鉛補充

6.亜鉛補充治療とその効果:亜鉛は体内の300くらいの酵素の作用に影響を与えている。肝硬変では、亜鉛が欠乏している!亜鉛補充によるアンモニア低下作用とアミノ酸バランス是正作用

Posted by: sin | November 12, 2004 at 06:57 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/1922751

Listed below are links to weblogs that reference 堺市難病支援ネットワーク 肝臓病講演会:

« 札幌高裁 B型肝炎訴訟 勝訴判決を考えるつどい  | Main | いずもからのたより »