« 17日 肝炎の専門家が国側の証人に | Main | 福岡 第10回期日 専門家証人の証言を傍聴して »

November 17, 2004

福岡地裁 10回期日

つばさ通信
 <写真 薬害肝炎訴訟九州 第10回期日前集会 地裁前>

 17日、早朝1番機で関空から福岡に向かいました。
 9時からの裁判所前のつどいに何とか間に合うことができました。
 今回は、今月結成されたばかりの熊本の肝臓病患者会、地元福岡の患者会の代表も応援に駆けつけるということを古賀弁護士さんから聞いていましたので、ぜひともこのつどいに参加したかったのです。
 九州肝臓友の会の古賀さん(写真右上)、熊本肝臓友の会の浦田さん(写真左下)、大阪地裁で闘っている原告の武田さん(大阪肝臓友の会会員、写真右下)が激励のスピーチをしました。
 熊本の浦田さんは、今年5月に重篤な肝不全に陥り息子さんから肝臓をもらって生体肝移植を受けられたばかり。患者同士が交流できる患者と家族のための患者会にしていきたいと語っておられました。

 

|

« 17日 肝炎の専門家が国側の証人に | Main | 福岡 第10回期日 専門家証人の証言を傍聴して »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/1994202

Listed below are links to weblogs that reference 福岡地裁 10回期日:

» 血液には関心なし [「古賀克重法律事務所」ブログ版]
 清水直容(しみず なおかた)氏は、内科、内分泌、腎臓を専門とする医師で、中央薬 [Read More]

Tracked on November 18, 2004 at 11:14 AM

« 17日 肝炎の専門家が国側の証人に | Main | 福岡 第10回期日 専門家証人の証言を傍聴して »