« 地元の肝臓友の会も協力して | Main | 名古屋のブログで 薬害根絶フォーラム報告 »

November 15, 2004

B型肝炎訴訟 勝訴判決を考えるつどい

B型肝炎訴訟 勝利判決を考えるつどい
 <写真 B型肝炎訴訟 勝利判決を考えるつどい/東京・弁護士会館 >  日肝協は、15日午後、弁護士会館(東京)で「B型肝炎訴訟 勝訴判決を考えるつどい」を開催しました。  これに先立ち、同日午前、最高裁判所と厚生労働省に要請行動を行いました。  雨の中、関東近県からも肝炎患者らがたくさん参加し、つどいを盛り上げました。(写真左上、弁護士会館1階ホール)  つどいのサブタイトルは、「すべてのウイルス性肝炎患者の救済を目指して」。

  札幌高裁での判決文

 厚生労働省への要請行動は、弁護士会館会議室で行われ、在京の日肝協役員、B型肝炎訴訟原告団・木村代表、訴訟を支える会・国中事務局長、千葉と茨城の患者会代表が参加しました。(写真右下)
 つどいでは、主催社を代表し、中島小波日肝協代表幹事が、つどいを契機にすべての肝炎患者の救済に向けて一層がんばろう」と挨拶。(写真右上)

 このあと、寄せられた激励メッセージが紹介され、裁判を担当した奥泉弁護士から16年に及ぶ裁判と勝訴判決を持つ意味について説明され、「最高裁で勝利しなければ国の肝炎対策は進まない」と強調されました。
  パネルディスカッション「判決をどう受け止め、どう生かすか」で、原告の木村伸一さん(写真左中)、弁護団の尾崎英雄弁護士、支える会の国中るみ子事務局長、井上尚直・日本肝臓病患者団体協議会常任幹事の4人が、それぞれの立場から発言。(写真右中)
 つどいの最期に、B型肝炎就職差別裁判を闘った梨本さんが、集会スローガンを読み上げて紹介しました。(写真左下)
 詳細は、日肝協のサイトをご覧ください。
  http://members.at.infoseek.co.jp/sin594/04y15GUI.htm
  

 

|

« 地元の肝臓友の会も協力して | Main | 名古屋のブログで 薬害根絶フォーラム報告 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference B型肝炎訴訟 勝訴判決を考えるつどい:

« 地元の肝臓友の会も協力して | Main | 名古屋のブログで 薬害根絶フォーラム報告 »