« 地域の「ふれ愛祭り」 | Main | 「混合診療」をどう考えるか »

November 05, 2004

医師主導の治験 実現に向けて

 肝がんの再発予防を目的に開発された「非還式レチノイド」。
 メーカー主導の治験が第1相試験から遅々として進まず、肝がん患者でもある三浦医師(癌治療薬早期認可を求める会・代表)らが、昨年7月から施行された制度「医師主導の治験」を利用して、臨床試験の届出を今年6月に行いましたが、実施に至るまでにいくつかの大きな壁が立ちはだかっています。

 4日は、医師主導の治験をめざしておられるドクターたちと上京し、厚労省や国会議員の方々に現状を説明し、打開策を探るためのお願い活動を行いました。
 

 午前中は、厚労省医薬食品局審査管理課を訪問し、課長さんらと面談。
 午後からは、衆参の国会議員の方々に陳情しました。あいにくと衆議院は本会議、参議院は厚労委員会が行われており、昼休みにお訪ねした議員事務所で議員ご本人と面談できました。
 訪問したところでは、秘書の方々が熱心に私たちの訴えを聞いていただきました。
 夕刻には、医療コーディネーター・スーパーバイザーの嵯峨崎泰子さんを門前仲町のクリニックにお訪ねし、ご挨拶をし少しお話をお伺いしました。

 嵯峨崎さんのサイト お医者さんと上手く付き合う方法
 楽患ネット 坂崎さんとの対談
 嵯峨崎さんの著書 「生命と医療にかける橋―患者と家族のための医療コンサルタント」

|

« 地域の「ふれ愛祭り」 | Main | 「混合診療」をどう考えるか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 医師主導の治験 実現に向けて:

« 地域の「ふれ愛祭り」 | Main | 「混合診療」をどう考えるか »