« 患者家族への情報提供  | Main | 名古屋の原告さんとその家族からのメッセージ »

November 08, 2004

熊本にも患者による患者会が結成

 7日、熊本県に「熊本肝炎患者会」が結成されました。
 結成のつどいには、熊本大学医学部消化器内科の方も参加され、専門医の情報などを提供されることを申し入れがなされました。
 つどいでは、会報の発行や来年2月か3月に肝臓病講演会を開催することなどが申し合わされました。
 詳細は、福岡の古賀弁護士さんのブログに!

 毎日新聞でも結成のつどいを紹介しています。
 同上、Yahooニュース

|

« 患者家族への情報提供  | Main | 名古屋の原告さんとその家族からのメッセージ »

Comments

九州原告の出田です。先日の患者会立ち上げでとても嬉しい事がありました。原告になる前に参加した今年2月の医療講演会で、一人の男性の悲痛な叫びを聞きました。深刻な病状を訴えておられ、怒り、悔しさ、悲しみ、焦りが伝わってきました。私自身、実名公表した理由の一つがその方の話を聞き、この問題の重さを知ったからでした。
そして8ヵ月後、先日の患者会立ち上げで、その方を探しましたが、声をかけられるまで気ずきませんでした。この間、生体肝移植をうけ、見違えるようにお元気でした。肝移植についてはいろいろな考えがありますが、私はとにかくお元気な姿を見られたことが嬉しくて、また、この間あったであろう葛藤や不安を考えた時、よく決断され、ここまで回復されたと胸が熱くなりました。
 また、肝炎問題を広く知って欲しいと、こころよく会の代表世話人を引き受けていただき、熊本にも力強い味方ができました。
 やっと産声をあげたばかりの熊本患者会、よろしくお願いします。

Posted by: 出田妙子 | November 09, 2004 at 10:56 AM

 出田さん、コメントを有り難うございました。
 熊本での患者会立ち上げ、おめでとうございます。
 今後ともよろしくお願いします。
 肝炎対策など、情報提供を出来る限りお手伝いしたいと思っております。
 薬害肝炎訴訟の原告として、また患者会のお世話係と大変でしょうが、ご活躍をお祈りしております。

 私は、日肝協のお世話係もしています。日肝協の中でも、生体肝移植など移植者の部会を設けようという動きもあります。
 愛媛や香川で薬害肝炎訴訟九州弁護団の方々と講演会と薬害肝炎訴訟の説明会を開いたときに、四国で移植を受けた方がお見えになっておられました。
 熊本の世話人の皆様と会員の方々によろしくお伝えください。

Posted by: sin | November 09, 2004 at 02:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/1900122

Listed below are links to weblogs that reference 熊本にも患者による患者会が結成:

« 患者家族への情報提供  | Main | 名古屋の原告さんとその家族からのメッセージ »