« 神戸難病相談室でも フィブリノゲン納入先リスト公開後 | Main | 私の近況 »

December 01, 2004

「悪魔」のささやきに毅然と

 本日、3時から薬害肝炎訴訟を支える会・大阪のニュースレター7号の発送作業が行われます。
 作業は、支える会の事務局を担当されている坂本弁護士さんらの事務所で行います。

 今回の号では、「戦争とミドリ十字、フィブリノゲン私の体験から」と題して、消化器内科の現場で働いておられるドクターからの寄稿文が掲載されています。
 フィブリノゲン製剤が旧ミドリ十字の社員によって販路を拡大しようとされていた時期に、治療薬に使ってみてはと奨められた、生々しい体験を書かれています。

 吐血などして苦しんでいる肝硬変の患者の治療などをたくさん手がけておられるドクターの元に、食道静脈瘤の破裂による出血の止血にも効果があると、ミドリ十字の社員から持ちかけられたそうです。
 「悪魔のささやき」とどう立ち向かったのか、ドクターの毅然とした態度に、私はこれを読んで感服しました。
 死に至る患者を前にしても、科学的な目で、「治療法」の選択がいかに大切なのか、今の医療現場にも当てはまる重要なメッセージです。

 「ニュースレター」をお読みでない方、これを機会に薬害肝炎訴訟を支える会・大阪のニュースレターをお読みください。年会費1000円をお支払いいただくと、年に5回~6回お届けします。
 

|

« 神戸難病相談室でも フィブリノゲン納入先リスト公開後 | Main | 私の近況 »

Comments

以前森村誠一の悪魔の飽食を読んだことがあり信じられない思いをしましたが、きちんと断っている医師が何人かいらっしゃるんですね

Posted by: 武田 | December 02, 2004 11:16 AM

武田さん、いつもコメントをありがとうございます。
 今気づいたのですが、ブログで発信されておられるのですね。
 びっくりしました。すでに3か月。写真も文章もすてきですね。
 http://seikonoheya.blog.ocn.ne.jp/sazaenonikki/
  

Posted by: sin | December 02, 2004 03:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「悪魔」のささやきに毅然と:

« 神戸難病相談室でも フィブリノゲン納入先リスト公開後 | Main | 私の近況 »