« OOSAKA光のルネサンス2004で街頭宣伝 | Main | 患者の立場で 治験審査 »

December 16, 2004

「友の会だより」 107号

 私が所属する患者会の会報「友の会だより」107号、事務局長さんら編集担当者数名で版下を作り上げました。
 10日に印刷屋さんに届け、なんとか年内に会員さんにお届けできることができます。
 発送作業は、17日。午前中に1200部を袋詰めする作業には大勢の協力が必要です。区民センターの会議室で行います。(20日と最初の書き込みで紹介しましたが、間違いでした。)

 今回の会報は、日肝協の「全国交流のつどい」「大阪肝臓友の会第22回総会」報告など盛りだくさんな内容で、B5版70頁の大作です。

 内容を目次から拾ってみますと

  講演会案内                     
  第14回日肝協全国交流のつどい 報告  
  友の会第22回総会 報告  
  講演録    「ウイルス肝炎治療の現状と将来」 
  肝臓情報    フィブリノゲン納入先医療機関リスト公表
           戦争とミドリ十字、フィブリノゲン
      肝機能をパワーアップする治療
  療養相談の窓  アデホビル・ペグイントロンの保険適用
     非環式レチノイドの「治験」は
        自己免疫性肝疾患交流会 報告
  会員訪問   肝臓移植を2度受けて
  おたより   新聞報道にがっかり、他
           サザエの日記

などです。

|

« OOSAKA光のルネサンス2004で街頭宣伝 | Main | 患者の立場で 治験審査 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/2283726

Listed below are links to weblogs that reference 「友の会だより」 107号:

« OOSAKA光のルネサンス2004で街頭宣伝 | Main | 患者の立場で 治験審査 »