« 納入先リスト インターネット上に  | Main | ヘプセラ錠、ペグイントロン 市販される »

December 08, 2004

B型肝炎 治療薬の今後

 ラミブジンが02年11月の保険適用によって、多くの患者に使われてきました。この薬の強力な抗ウイルス効果で恩恵を受けた患者も多いようです。
 一方、この薬は投与を中止すると肝炎の再燃、長期使用による耐性ウイルスの増殖が問題(3~5年で70%)となっています。

 雑誌「肝胆膵
        第49巻4号(10月号) 特集 /“B型肝炎診療の進歩”
                 「抗ウイルス剤の今後の展望」
が掲載されています。

|

« 納入先リスト インターネット上に  | Main | ヘプセラ錠、ペグイントロン 市販される »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference B型肝炎 治療薬の今後:

« 納入先リスト インターネット上に  | Main | ヘプセラ錠、ペグイントロン 市販される »