« 遺族の願い届かず! | Main | 講師の先生、吠える! »

January 29, 2005

肝がんと向き合う

 28日、友の会(患者会)の事務所当番で出向くと、療友(事務所が入っているビルのオーナー)から、「こんなのがのっていたよ」と日本経済新聞社の1/23付医療欄の切り抜きをいただきました。
 「がんと向き合う」シリーズ、「『実力病院』日経・日経メディカル調査 肝がん治療成績編」でした。
 「肝がんの治療成績上位30の病院」リストが掲載されていました。
 この記事は、そっくりインターネットでみることができます。
 Nikkei net いきいき健康 「癌治療の実力病院 全国調査」肝がん編です。

 この記事を読んでみて、肝がん治療の実力のある病院30施設のうち外科系が25施設。30施設のほとんどが地域の中核施設です。
 肝がんが発見される場合は、その多くで背景に重い肝硬変があります。発見された肝がん患者の多くは肝機能が悪く外科的治療が受けられない方が多いのです。
 ということは、肝機能がよい患者さんを治療した場合に、成績がよくなるのかなと疑問もわいてきます。
 患者会への相談で、肝がん患者さんから、治療実績のある大病院に受診したら、その医療機関が行っていた外科や局所治療の適応ではないので、元の居住地の病院で塞栓療法などの対症療法を受けるようにと、その後の治療を断られたとの相談もありました。

 本当の「実力病院」を探すのは、患者のネットワークしかないのではと思った記事でした。

 本日は、午後から肝がんに関する講演・相談会が開催されます。友の会の会員も数名参加しますのでお世話係で出かけます。
 

|

« 遺族の願い届かず! | Main | 講師の先生、吠える! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/2733684

Listed below are links to weblogs that reference 肝がんと向き合う:

« 遺族の願い届かず! | Main | 講師の先生、吠える! »