« 肝がん治療の課題 | Main | みてきました! 東京都難病相談支援センター »

February 02, 2005

なんという判決!

我が家のつらら

 仙台高裁は、劇症肝炎で息子さんを亡くされた遺族の「劇症肝炎の発症を予知する診断基準を現在の医学水準に合うものに変えて」という願いを無視し、20年前の診断基準でよいというむちゃくちゃな判決を出しました。
 なんということか!

 弁護団の声明
 遺族の方の支援へのお礼
が、「劇症肝炎家族会」のサイトに掲載されました。

 全国の皆様の一層の励まし、支援をお願いします。

|

« 肝がん治療の課題 | Main | みてきました! 東京都難病相談支援センター »

Comments

Thanks a lot for sharing this with all of us you really understand what you are speaking about! Bookmarked. Kindly additionally seek advice from my website =). We could have a hyperlink change agreement among us

Posted by: Carlo | October 30, 2015 at 09:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/2775973

Listed below are links to weblogs that reference なんという判決!:

« 肝がん治療の課題 | Main | みてきました! 東京都難病相談支援センター »