« C型肝炎 あなたはどうすれば? | Main | 本当にそうだろうか 外科医の意見 »

February 08, 2005

肝がんに向き合う

 昨日は、次号会報108号の準備のために事務所に出向きました。その後、肝がん患者の三浦医師と打ち合わせ。
 最近、進行した肝がん患者さんからの相談も増えています。その多くは、
  ①家族とともに過ごせる時間を増やしたい
  ②目的を達成するための体力を保持できる治療法は?
  ③治療費など経済的な問題など

  進行した肝がんの治療法として、
   1)抗がん剤とインターフェロンの併用療法など、動注化学療法
     「リザーバー
   2)血管内治療(塞栓療法など)
   3)放射線療法(定位放射線治療強度変調放射線治療
などがあります。
 今回、他の部位のがん患者さんたちと共同して「肺がん、肝がんの定位放射線治療」講演会・交流会を行います。
 詳細は下記のサイトで紹介されています。
   http://www.geocities.jp/cancer_room/20050211.html
 主催は、「がんを語る有志の会」。
 なお、この講演会は、医誠会病院が協力してくださって実現しました。
 
 

|

« C型肝炎 あなたはどうすれば? | Main | 本当にそうだろうか 外科医の意見 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/2848852

Listed below are links to weblogs that reference 肝がんに向き合う:

« C型肝炎 あなたはどうすれば? | Main | 本当にそうだろうか 外科医の意見 »