« 「難病」の枠を超えて | Main | 慢性・感染性疾患 医療者とのつきあい方は »

March 27, 2005

駒場

北沢川緑道、駒場野公園
 渋谷から京王井の頭線で2つめの駅が「駒場東大前」駅。駅の北側が東大教養学部。南側徒歩5分ほどのところに、会場となった「こまばエミナース」があります。このあたりは筑波大学の前身・旧東京教育大学のキャンパスがあったところ、その跡地が大学入試センターや駒場野公園になっています。

 一方、こまばエミナースの南側の低地に北沢川緑道があります。川は暗渠化され、桜並木の歩道が整備され、浄化された下水が作られた小川を流れています。石積みされた河岸には草が生え、緑道は地道の部分も残されています。川底には藻もはえ、ザリガニや小魚もいそうです。
 都心に近いところにこんなにほっとするところ南側の低地にがある、びっくりしました。

|

« 「難病」の枠を超えて | Main | 慢性・感染性疾患 医療者とのつきあい方は »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/3469230

Listed below are links to weblogs that reference 駒場:

« 「難病」の枠を超えて | Main | 慢性・感染性疾患 医療者とのつきあい方は »