« NHK 「日本のがん医療を問う」 | Main | メーデーで »

April 30, 2005

インターフェロンの自己注射 保険診療に

0543000
 <写真> ご近所からいただいた潮干狩りのおみやげ

 C型慢性肝炎に対するインターフェロンアルファ製剤の自己注射が保険適用になったようですね。
 人伝えです。正確な情報をお持ちの方お教えください。
 寄せられた情報ですと、厚労省の通知文書(4月27日発)で保険扱いとされるとなっているそうです。
 この文書では、自己注射用注射器はディスポーザブルの注射器(医材料費として保険点数20点)が想定されていますが、患者自身が使うには安全性や使用後の注射針などの処理に不安を感じます。

 多発性硬化症(MS)のインターフェロン治療(ベタフェロン)の自己注射に使うようなペン型注射器「ベタアシスト」のようなものが使用できるようにならないのか、このあたりの専門医の皆様の見解はいかがなのでしょうか。
 また、ベタフェロンの患者用投与記録ノートも大変参考になると思います。C型肝炎患者向けの記録ノートも作られるべきです。

 ベタフェロンのメーカーが協力して作成されている多発性硬化症(MS)のサイトからの情報では、
 ①ベタアシスト
 ②ベタフェロンを正しくお使いいただくために  
 ③ベタフェロン投与記録

 <参考>
 C型肝炎・B型肝炎治療薬 αタイプの一例
  スミフェロンDS300同DS600 
 上記の薬剤は、注射器に薬剤がセットされた形で発売されています。
 C型肝炎以外では、自己注射がすでに認められているためです。
 ○ 腎癌、多発性骨髄腫、ヘアリー細胞白血病、慢性骨髄性白血病
  通常、成人には1日1回300万~600万国際単位を皮下又は筋肉内に投与する。
○ HTLV-I 脊髄症(HAM)
  通常、成人には1日1回300万国際単位を皮下又は筋肉内に投与する。


 


|

« NHK 「日本のがん医療を問う」 | Main | メーデーで »

Comments

Hi there to every one, it's actually a fastidious for me to pay a visit this site, it consists of useful Information.

Posted by: castle Clash Hack | September 12, 2014 at 04:16 AM

I know thiss if off topic bbut I'm looking into starting my own blog and was wondering what all is required too geet set up? I'm assuming having a blog like youurs would coost a pretty penny? I'm not very internet savvy sso I'm not 100% certain. Any suggestions or advice would be greatly appreciated. Cheers

Posted by: liquid chalk markers | July 09, 2015 at 04:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/3916326

Listed below are links to weblogs that reference インターフェロンの自己注射 保険診療に:

« NHK 「日本のがん医療を問う」 | Main | メーデーで »