« 病気や障害の「原因究明と治療法の早期確立」を求めて | Main | 6・7月肝臓病講演会ご案内 »

May 30, 2005

患者家族の願いを77万筆の署名に

05530010553002



<写真 参議院会館会議室 左:挨拶される議員の方々、右:国会議員への要請行動について説明>

 30日(月)、10時半に参議院会館に、全国の難病、慢性疾患、薬害、労災などの患者・家族で構成する日本患者家族団体協議会のメンバー150人が集まり、国会請願行動を行いました。
 この日は、衆参両院の125人の国会議員の方々に、多くの患者が自己負担の増加や、公費負担制度から外される心配を抱えていること、公費負担の対象外の難病・長期慢性疾患の患者も多く、経済的負担が重く、必要な医療が受けられない状況も生まれていると訴えました。


 この日の請願項目は、すべての患者が安心して必要な医療が受けられるようにとして、
①難病の原因究明と治療の確立
②難病医療費の負担軽減
③小児を含めた総合的難病対策の確立
④長期慢性疾患への社会的支援
⑤看護師不足の解消
⑥医療被害・薬害の根絶と被害者救済

 私は、日本肝臓病患者団体協議会から参加し、肝炎友の会兵庫の山本会長さんと、近畿出身の議員へ署名簿を届けました。肝臓関係の患者会のメンバーは、他に長野・香川・東京の方々のお顔を拝見しました。

0552309
 写真は、5/23日肝協での請願行動(議員の事務所で秘書さんと懇談する兵庫の医療生協のメンバー)
 こんな感じで、ご協力いただいた署名簿を議員の方々に託します。(写真は、ろっこう医療生協のHさんが撮影)


 

|

« 病気や障害の「原因究明と治療法の早期確立」を求めて | Main | 6・7月肝臓病講演会ご案内 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/4382003

Listed below are links to weblogs that reference 患者家族の願いを77万筆の署名に:

« 病気や障害の「原因究明と治療法の早期確立」を求めて | Main | 6・7月肝臓病講演会ご案内 »