« 「泣くことも、笑うことも取り戻せた」裁判 | Main | 企業の「健康診断」の意味 »

June 17, 2005

悩ましいこと

0561701

 ある地方の患者会の方からご相談を受けています。
 会の世話役からは、医療従事者の方が「お手伝いしてくれない」。
 お世話いただいている病院職員の方からは、総会の準備をしているが会員さんが出席してくれない」。
 お電話いただいた方からは、「肝炎多発地区なのに患者会がなくなるかもしれない」。

 患者と医療従事者、本当は共同できることが多いというか、しなければ今の日本の医療を変えることができないのですが、現実は難しいようです。「見かけ」の利害が対立することが多いのです。

 

 大阪府南部に住む肝がん患者さんからも相談が寄せられています。
 総合病院で肝がんの治療「塞栓療法」を受けたのですが、うまくいかず初期の治療目標は達せられませんでした。
 相談があって、放線線科専門クリニックでセカンドオピニオンを求めるようにアドバイス。患者さんは、放射線科専門クリニックでCT撮影、診断の結果、治療法は「ラジオ波が適切」とのこと。さっそく、肝がん治療では高名なOセンターに紹介され、そこで治療をお受けになりました。
 元の総合病院に戻られて、経過を説明すると主治医は大変機嫌が悪いとのこと。その患者さんからは、食道静脈瘤の治療や肝庇護剤の治療、肝硬変のお薬など処方してもらうのに、いきにくいとのこと。

 病診連携、一般病院と専門病院の連携が叫ばれている時代に、何とかスムースに患者の希望する治療が受けられるようにならないものかと、悩ましい日々が続きます。

 

|

« 「泣くことも、笑うことも取り戻せた」裁判 | Main | 企業の「健康診断」の意味 »

Comments

はじめまして。
島根県で肝臓病の患者会を探しているのですが、お心当たりはございませんでしょうか?
またお知り合いで島根の方がいらっしゃるとか・・・
1人で悩んで、少ない情報のなか、C型肝炎と戦っておられる方が身近にいて、患者同士の集まりで情報交換などができたらいいのにと思っております。
どうかよろしくお願いいたします。

Posted by: えいようし | June 17, 2005 at 05:16 PM

 いずも肝炎友の会が活動しています。
 具体的な連絡先は、日本肝臓病患者団体協議会へお問い合わせください。
 電話 03-5982-2150(月~金、10:00~16:00、祝日を除く)。
 出雲市を中心に活動しておられます。

Posted by: sin | June 18, 2005 at 05:09 AM

地方の患者会どこですか?私も総会に出席で出していたのに「出来る状態でないので又出来るようになれば℡します」と℡があったそうです。ちょうど出かけていたので主人が聞いたので詳しくは分かりませんが・・・代表者にでも又電話して聞いてみます

Posted by: さざえ | June 18, 2005 at 11:55 AM

 さざえさん、裁判ご苦労様でした。たぶんさざえさんちのお電話と関係があるかも。よろしくご相談にのってあげてください・

Posted by: sin | June 18, 2005 at 03:12 PM

sinさん
大変ありがとうございます!
本人も喜ぶと思います。早速連絡してみます。本当にありがとうございました!

Posted by: えいようし | June 19, 2005 at 12:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/4588624

Listed below are links to weblogs that reference 悩ましいこと:

« 「泣くことも、笑うことも取り戻せた」裁判 | Main | 企業の「健康診断」の意味 »