« たくさんの「肝臓病教室」を | Main | 非環式レチノイドの治験始まる »

June 11, 2005

「がん患者大集会」後のこと

0561001
 28日に開催された「第1回がん患者大集会」に奮闘された「がんを語る有志の会」三浦代表が、集会2日後から、抗ガン剤などの治療のために入院されています。今回はいくつかの治療を続けて受けられるために長引くとのことです。
 10日午後、「有志の会」のメンバーで三浦代表のお見舞いに病院を訪れました。

 代表は、小さな個室に入院されていて、週末は自宅に外泊されるようです。
 抗ガン剤の治療で、相当つらそうだと拝見しましたが、私たちが訪れると、「がん患者大集会」後の活動について意見交換を求めてこられました。
 とりわけ「がん患者団体支援センター」構想、「がん患者情報センター」などの実現に向けての具体的行動を起こそうと、逆に私たちが励まされてしまいました。

 「第1回がん患者大集会」の模様は、
6月21日(火)午前8時35分~ NHK総合テレビ「生活ほっとモーニング」でも「がん患者大集会」の詳しい紹介放送があります。
6月25日(土)20時~ NHK教育テレビ「ETVワイド『ネットワークが医療を変える~全国初がん患者大集合~(仮)』で放送される予定です。

|

« たくさんの「肝臓病教室」を | Main | 非環式レチノイドの治験始まる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/4505438

Listed below are links to weblogs that reference 「がん患者大集会」後のこと:

« たくさんの「肝臓病教室」を | Main | 非環式レチノイドの治験始まる »