« 療養相談会 | Main | 手をつなごう がん患者と家族たち »

June 24, 2005

強力な治療法が開発される一方で

0561903
 C型肝炎の治療薬や治療法も次々と登場してきます。
 一昨年に保険適用となったペガシス(ペグインターフェロンα2a)についても、リバビリンとの併用治療が日本でもまもなく(来年か)治療薬として認可されるのでしょう。販売元の中外製薬のサイト「臨床試験」の結果がまとめられて紹介されています。
 肝臓専門医のお話では、アドバフェロン(コンセンサスインターフェロン)+リバビリンも研究されているようです。
 強力な治療法が、次々と開発されていきますが、一方では「インターフェロンが使えない」患者さんも多くおられます。なおかつ肝庇護剤でも肝炎が治まらない方もおられます。患者会へも相談が寄せられますが、患者さんと一緒に悩みます。
 難治性の肝炎、「難病」です。
 

|

« 療養相談会 | Main | 手をつなごう がん患者と家族たち »

Comments

お疲れさまです。
次々と併用治療が承認され、C肝にとっては
希望がわいてきます。製薬会社も切磋琢磨
する時代になりつつあります。

ネット情報のありがたさを痛感しております。
今後とも宜しくお願いいたします。

Posted by: 彩 | June 24, 2005 07:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 強力な治療法が開発される一方で:

» 新薬:アバフェロン [”あかるい”C型肝炎生活 - ペグイントロン、レベトールの副作用に負けないぞ]
sinさん-肝臓のなかまたち で拝見しました。毎度貴重な情報ありがとうございます。 アドバフェロン(コン [Read More]

Tracked on June 25, 2005 10:02 AM

« 療養相談会 | Main | 手をつなごう がん患者と家族たち »