« 大事な医療相談員・医療コーディネーター | Main | 患者ができること -がん医療を変える »

June 20, 2005

相当進んだ肝臓がんも

05619010561902

 19日、神戸(神戸市勤労会館)で、肝臓癌の「灌流療法」の講演会がありました。神戸難病連主催のイベントでの肝臓分野の取り組みです。担当したのは、肝炎友の会兵庫です。
 文部科学省の研究助成で始められた試みの治療も90例で、予算切れ、
これからは自費になるようです。高度先進医療などの申請はされていますが、承認を受けるには様々な厚い壁があるようです。

 相当進んだ肝臓癌でも治療の対象になり、これまでの症例ではよい成績を上げているようです。
 講師は、神戸大・先端医療探索応用分野 具 英成 教授。
 この治療法、6月15日の神戸新聞でも大きく紹介されていました。

 この日の講演会は、自己免疫性肝疾患もテーマに、由宇芳才(国立神戸医療センター)先生のお話もあり、それぞれインターネットで情報を得られた方が、遠くは、熊本や静岡からも聴講に来られていました。総勢70人余りの方が熱心に先生方のお話を聞いておられました。

 由宇先生のお話の後の質問の時間に、「免疫機能を上げるといわれている健康食品のなかには注意が必要。免疫をあげることによって肝臓が悪くなることもある。」とコメントされていたことに注目しました。

|

« 大事な医療相談員・医療コーディネーター | Main | 患者ができること -がん医療を変える »

Comments

かなり大きな肝細胞癌、浸潤性にも
具 英成 先生の化学療法は有効でしょうか。

Posted by: 奥井信明 | September 20, 2005 at 05:04 PM

 具先生の講演を聴きましたが、有効な場合もありますし、そうでない場合もあります。適用になるかどうかは、個々の患者さんの病状によると思います。
 主治医に一度ご相談ください。必要なら主治医の紹介状も用意され具先生の医療機関に相談されたらいかがでしょうか。

 

Posted by: sin | September 25, 2005 at 11:21 AM

This text is priceless. When can I find out more?

Posted by: a-kasser i danmark | April 11, 2014 at 11:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/4631536

Listed below are links to weblogs that reference 相当進んだ肝臓がんも:

» 肝臓病 肝不全の組織再生治療 [35歳から始めた事]
新聞に国立病院機構・東名古屋病院で肝不全の組織再生臨床試験研究を始めると載ってい [Read More]

Tracked on July 26, 2005 at 11:23 PM

» 肝臓病 肝臓再生治療 臨床治療行われる [35歳から始めた事]
肝臓再生治療で 臨床治療が行われた 国立病院機構・名古屋病院の林衆治第一外科医長 [Read More]

Tracked on October 31, 2005 at 11:10 AM

« 大事な医療相談員・医療コーディネーター | Main | 患者ができること -がん医療を変える »