« ペグ+リバ 効果無し?対策は? | Main | 従事資格を! ラジオ波治療 »

July 09, 2005

バーチャル内視鏡検査

0571002
 今日は、自身のことを少し。先月14日に心シンチ検査を行いました。その結果がかかりつけ医のH診療所に返されている頃を見計らって、6月29日の夜診を受診。主治医のK医師から心シンチの所見が書かれたペーパーを見せていただき説明を受けました。心シンチの結果は、すぐに治療を要することはない。5月に行った心カテーテルの検査では、過去の治療をしていない部分にも心筋梗塞病巣がみられたとのこと。

 心臓に関する今後のことは、心カテを行ったドクターと相談してくださるそうです。
 要するに、要経過観察。

 今月は、下旬に肝臓を含めた診察を受ける予定ですので、1週間前に採血をすましておく予定。食道静脈瘤のチェック(胃カメラ)もそろそろ予約しなければ。

 私の男系の家族は、大腸がんで命を失った人が多いのです。親父もS字状結腸のがんでした。その家系のようです。市民検診を受けることと、そろそろ大腸内視鏡検査も視野に入れなければなりません。
 5月に行った「がん患者大集会」で何かとお世話になった病院の「内視鏡検査・治療の最新情報」公開講座があったので参加してみました。
 食道がん、胃がんの内視鏡による治療の説明、粘膜層までのがんでは、相当大きなものまで内視鏡で切除できるそうです。
 マルチスキャンCTによるバーチャル内視鏡的大腸がん検査の方法が紹介されました。バーチャル内視鏡、CTの技術の進歩に驚かされました。 (写真:バーチャル内視鏡検査説明リーフ)

 胃カメラ、造影CT、大腸検査と毎月のように画像検査を受けることになりそうです。

|

« ペグ+リバ 効果無し?対策は? | Main | 従事資格を! ラジオ波治療 »

Comments

毎月の画像検査とは体力、治療費と大変ですね。姑もじょうこう結腸、S字状結腸と2年おきに4回も手術しました。腸の癒着や腸に穴が空いたりと副作用?もあり大変でした。たとえ家族にいても大丈夫でありますよう祈っています。それ以上病気するとせっかく皆さんのために頑張っていることが出来なくなります。

Posted by: さざえ | July 10, 2005 at 10:21 PM

sinさん、こんばんは。
お身内の方に大腸がんの方が多いのですね。ぜひとも大腸の検査は受けてください。

周りに最近大腸がんが増えています。
私の姑も大腸がんで今検査・手術待ちです。

30歳になったばかりの知人が体調不良を訴えて仕事を辞め検査を受けたら、大腸がん、しかも腹膜転移があり、術後引き続き抗がん剤治療に入っています。
今から思えば、小さな兆候は1~2年前からありました。最近では腹部膨満感、腹鳴、下痢、入院直前は、腸閉塞の症状でした。上行結腸(右側)では、そういう症状があるといいますが、症状が出てからでは進行しているケースが多く、右結腸癌は発見が遅れるそうです。
20代だから癌なんて・・・と安易に考えていた自分、近くにいながら検査を勧めてあげられなかったことを後悔しています。

Posted by: nanaya | July 11, 2005 at 09:07 PM

  nanayaさん、お気遣いありがとうございます。そうなんです。私の父、そして2人の叔父、大腸癌や多発性の大腸ポリープなどで難渋し、すべて開腹手術の体験者です。
 私も心しなければなりません。

Posted by: sin | July 12, 2005 at 04:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/4914650

Listed below are links to weblogs that reference バーチャル内視鏡検査:

« ペグ+リバ 効果無し?対策は? | Main | 従事資格を! ラジオ波治療 »