« 学習の機会は公平に=保健所の難病対策 | Main | 「がん患者大集会」後、要望を届けるために »

July 05, 2005

C型肝炎、専門家会議に向けて

05705030570502







 「C型肝炎対策等に関する専門家会議」も、今月27日に「報告書」をとりまとめる会議を行い終了する予定です。
 1日に第6回専門家会議が行われ、「論点」の整理のための意見交換の会議が行われました。
 首都圏の患者会の方と傍聴したのですが、今ひとつ患者感染者対策をどうするのか、メッセージが読み取れない内容でした。

 5日午前、がん患者大集会に関連したことで上京しましたので、空いた時間を利用して東京肝臓友の会の事務局長さんと意見交換し、専門家会議の座長さん宛にお手紙を出そうかと相談しました。
  

 このブログの読者の皆さんも、厚労省や専門家会議に向けて、ご意見をしたためられてはいかがでしょうか。
 専門家介護の資料のありかは、
  http://oosaka-hepatic.cocolog-nifty.com/00/2005/06/post_b823.html

|

« 学習の機会は公平に=保健所の難病対策 | Main | 「がん患者大集会」後、要望を届けるために »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/4862537

Listed below are links to weblogs that reference C型肝炎、専門家会議に向けて:

« 学習の機会は公平に=保健所の難病対策 | Main | 「がん患者大集会」後、要望を届けるために »