« 「がん患者大集会」後、要望を届けるために | Main | 薬害肝炎訴訟原告団からのお手紙 »

July 07, 2005

C型肝炎:治療の選択、改めなければ

0563008
 C型肝炎の場合自然経過として、感染後、肝炎の「静かなる増悪」があった後、人にもよりますが50代くらいまでは肝炎の沈静化が続き、この間にいくらかのGPT(ALT)上昇の波がある場合もあるようですが、それから本格的な肝炎の波状攻撃が始まるようです。

 ヒトの中年期、上記の肝炎の沈静期にGPT値の波だったときに「肝庇護療法」でなく、治療の第一選択として「インターフェロン」を使うべきではないでしょうか。

 厚生労働省の研究班の全国調査の結果をふまえた「患者のメッセージ」をサイト「Melit:医療情報リテラシー」の「患者からの声」に掲載させていただきました。

|

« 「がん患者大集会」後、要望を届けるために | Main | 薬害肝炎訴訟原告団からのお手紙 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/4875351

Listed below are links to weblogs that reference C型肝炎:治療の選択、改めなければ:

« 「がん患者大集会」後、要望を届けるために | Main | 薬害肝炎訴訟原告団からのお手紙 »