« C型肝炎、専門家会議に向けて | Main | C型肝炎:治療の選択、改めなければ »

July 06, 2005

「がん患者大集会」後、要望を届けるために

0570501

 5、6日の両日、「第1回がん患者大集会」で採択された「アピール」の内容を実現させる準備のために、「集会」実行委員会の三浦代表をサポートし上京しました。
 三浦代表は、政党関係者、国会議員、厚労省担当官などと面談やセミナーなどの講演、NHK総合テレビの「視点論点」の収録などを精力的にこなされていました。
 代表がこれらの中で訴えられたことは、「がん患者のための『がん患者情報センター』」「がん患者団体支援機構」の実現のために、「国家プロジェクト」として国や政治家がバックアップしてほしいという2点でした。

 関係した各分野の動き
 <7/7追記> 民主党「がん治療の前進をめざす民主党議員懇談会」
          05/05/25
      民主党・古川元久議員 「がん議連設立総会の様子」
          05/05/25
 <7/7追記> 公明新聞「“がん難民”救済へ始動 」05/06/10
          医療の地域格差を是正 予算への反映めざし具体策検討 対策強化で公明のプロジェクトチーム


         

|

« C型肝炎、専門家会議に向けて | Main | C型肝炎:治療の選択、改めなければ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/4862592

Listed below are links to weblogs that reference 「がん患者大集会」後、要望を届けるために:

« C型肝炎、専門家会議に向けて | Main | C型肝炎:治療の選択、改めなければ »