« 厚労省「C型肝炎専門家会議」を傍聴しよう | Main | 患者の過ごし方、患者への接し方 »

July 23, 2005

猛暑の中を、放射線治療のお話

 23日、大阪で「がんの放射線治療」講演会がありました。
 猛暑の中、300人近い方が参加されており、熱心に講師の先生方のお話を聞いておられました。
 私は、この催し物のお手伝いボランティアとして、「第1回がん患者大集会」を手伝ったなかまと参加し、肝臓病治療では、あまり知られていない分野の勉強をすることができ、よかったと思っています。

 集会が終わって、後片付けを手伝い、その後のスタッフ、講師、主催団体(市民のための癌治療の会)の方々と反省かが行われました。
 偶然にも私の席の両隣は、肝がんの患者さん。それも何度も治療を経験された方です。
 お一方は、分析屋さん、もうひとかたは、お若い頃にある電機メーカーで「シンチグラム(RI検査)」の開発に従事されていて、今日の講師のお一人とも仕事でお世話になったとおっしゃっておられました。

 24日は、米原で放射線治療に関わる講演会が行われます。地元の放射線治療医が内容は企画されました。大阪とは違った内容になりそうです。

|

« 厚労省「C型肝炎専門家会議」を傍聴しよう | Main | 患者の過ごし方、患者への接し方 »

Comments

sinさん 平素の活動ご苦労さまです。
関東方面よりも気温が高く、くれぐれもご自愛
ください。

情報の宅急便で感謝してますが、許容範囲で宜しくお願いします。

Posted by: | July 25, 2005 at 05:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/5123866

Listed below are links to weblogs that reference 猛暑の中を、放射線治療のお話:

« 厚労省「C型肝炎専門家会議」を傍聴しよう | Main | 患者の過ごし方、患者への接し方 »