« 受検率 25% | Main | 肝がんなどの治療施設は »

August 04, 2005

注目してほしい「医師憲章」

0580401
 4日午前、上京した機会に「しんぞう」さんの職場をちらっと拝見しにいきました。
 サイト「Melit」の運営担当者と「執筆」者の打合会(オフ会)を兼ねたものです。
 サイト内の「医師憲章」を翻訳された方が、会場のお世話係をしておいででした。
 地下の「演習室」が会場。医師、学生、患者、プログラマーなど10人ほどが集まり、Melitの使い勝手や改良点など意見が出されました。
 ユーザーからの意見も紹介され、病名との関連がわかるようなインデックスが必要など、具体的な改良案も出されました。
 午後からも参加して、議論に加わりたかったのですが、1時間余りで中座し、厚生労働省へと向かいました。
 

 議論の中で「医師憲章」や「患者憲章」についても、目立つところに表示しようという意見が出ましたが、「翻訳がいい」という、声もたくさん上がりました。
 しんぞうさんのもとで学ぶ学生さんの努力のたまもののようです。

 このMelitは、肝臓病教室の普及を目的として当初は始まったのですが、患者(家族)と医療者をつなぐ壮大な試みになりそうです。
 最大の特徴は、大学や企業など他のいかなる団体にも依拠しないところだとも、参加者の一致した意見でした。
 運営財源は、このサイトのユーザーの方からの浄財であてることも確認されました。そのためにプログラマーのSさんには多大な努力をかけることになりそうです。

|

« 受検率 25% | Main | 肝がんなどの治療施設は »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/5322365

Listed below are links to weblogs that reference 注目してほしい「医師憲章」:

« 受検率 25% | Main | 肝がんなどの治療施設は »