« 肝がんなどの治療施設は | Main | ばてています »

August 08, 2005

「通信」を支える

0580801
 福岡のAさん(医療機関の事務職)から、薬害肝炎訴訟九州の支える会の「新つばさ通信+++」3号が配信されてきました。(写真)
 米国在住の原告・手島妙子さんのことがトップに掲載されていました。裁判で本人尋問を受けた後に実名公表された方です。
 支える会の学生さんたちのがんばりや、裁判傍聴記、患者会のKさんの投稿、応援くださっている居酒屋の若夫婦等々、九州の様子が手に取るようにわかります。
 医療を支えるなかまたちを誘って裁判の傍聴に駆けつけているAさんの姿を何度か裁判所で拝見しました。裁判の裏方としてがんばっておられるAさんに乾杯です。

 

 新つばさ通信+++の最後は、「東洋大学の片平洌彦教授が、日本社会医学会(6月)で報告されたレポート・『薬害肝炎被害者の早期発見における医療機関の役割』」が掲載されています。
 薬害肝炎患者の救済で、医療機関の果たす役割が明らかにされています。
 「新つばさ通信+++」は、「支える会九州」に入会していただくと郵送されてきます。
 薬害肝炎訴訟九州の日々の様子は古賀弁護士さんのブログで報告されています。
  最新期日報告


 大阪の支える会のニュースレターも原稿が上がり、校正依頼が来ました。一晩しか余裕がありません。
 「第1回がん患者大集会・報告集」の最終校正と重なり、ふうふう言っております。

 大阪のニュースレターの目次
 ・はじめに・「薬害肝炎訴訟第17回弁論」・傍聴のお誘い
 ・〔前回期日報告〕「しぼりだした想いを込めて…」 (原告2番)
 ・原告本人尋問スタート! (西念弁護士)
 〔各地裁判報告〕
   6月1日 福岡地方裁判所第15回期日報告
   6月7日 東京地方裁判所第17回期日報告
   7月6日 福岡地層裁判所第16回期日報告 
 ・トピックス~インターフェロン治療について~
 ・学生の会「pocky 通信」・・・・・・・・・・・・・・・・・・ p8
 ・お知らせ(全国の期日、肝臓病講演会案内など)

 私の担当は、トピックス・講演会案内です。今回のトピックスは、インターフェロン治療の実際を東京の石川先生の講演後の質疑応答部分を城北肝友会の会報から抜粋し、転載させていただきました。

 明日が印刷・発送作業です。今回はばてていて、お手伝いできそうにありません。

|

« 肝がんなどの治療施設は | Main | ばてています »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「通信」を支える:

« 肝がんなどの治療施設は | Main | ばてています »