« 薬害肝炎訴訟結審に向けて | Main | 深刻な肝がん患者が多く »

September 29, 2005

会報がインターネットのかわりに

I0592900
 肝炎患者の多くは高齢者、彼ら彼女らの多くは、インターネットになじみがないようです。会員から、私たちにとって「友の会だより」はインターネットのかわりになるとおたよりをいただきました。
 「友の会だより」袋詰め作業が29日午前中に西区民センターで行われました。会長さんを始め会員20人近くで作業が行われたようです。(写真は「友の会だより・111号」の表紙)
 午後からは、友の会新入会員交流会(西区民センター)、難病連「学習講演会」(府委託事業)の案内状の袋詰め作業が府庁内で行われ、S副会長さんらがお手伝いに駆けつけました。

 「友の会だより・111号」の内容を目次゙から拾ってみますと、
講演会案内
第23回総会議案 活動報告・活動方針案・決算・予算案
講演録     「慢性肝炎からの肝がん対策」
活動報告   国の肝炎対策拡充のための要請行動
           がん患者団体支援機構が発足
   肝臓情報  HGFを使って劇症肝炎の治験
        新しい抗ウイルス剤がまもなく保険診療で
療養相談の窓  インターフェロン療法Q&A
           C型肝炎と鉄制限食の効果
           B型肝炎のインターフェロン治療
おたより
新刊・書籍紹介

 体裁は、B5版56頁

|

« 薬害肝炎訴訟結審に向けて | Main | 深刻な肝がん患者が多く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/6180705

Listed below are links to weblogs that reference 会報がインターネットのかわりに:

« 薬害肝炎訴訟結審に向けて | Main | 深刻な肝がん患者が多く »