« ポコの発作 | Main | 開業医による講演 患者に身近なところで診療を! »

November 12, 2005

今日も

 11日(金)、23時30分頃に動物病院に到着。
 1時間ほど待って、診察。血液検査を受けました。30分ほどで検査の結果も出て、発作を抑えるお薬と肝臓の状態が良くないので、肝臓のお薬も点滴を受けることに。
 一番奥のあいている手術場で1時間半ほどかけて点滴を受けている間に、やっと落ち着いてきて、いつものように丸くなって眠ることができるようになりました。
 

 強い発作が起こったときの座薬をいただいて、病院をあとにしました。
 3時半ごろに帰宅、その直後にまた激しい発作がおこりました。30分ほどの自動車で揺られたのがいけなかったのでしょうか。
 ポコの横についていて1時間ほどたつと落ち着いてきて丸くなって眠ったので、その横で私も毛布にくるまって寝ることに。7時に寝間に移って1時間半ほど暖かく睡眠をとることができました。

 本日は、肝臓友の会の総会、講演会。この1週間ほどポコの様子がおかしかったので、準備には参加できないことを事務局長さんにお断りしていましたので、午後からの参加。
 夕方からは上京。13日までの全国難病・疾病団体協議会の幹事会・研修会に参加します。

|

« ポコの発作 | Main | 開業医による講演 患者に身近なところで診療を! »

Comments

ポコちゃん。  辛いね。
肝臓もだもんね・・・・。
でも、優しく心あるsinさんのお家の子になれて良かったね。

sinさんも、寒くなります。風邪注意して下さいね。

Posted by: つばめ | November 13, 2005 at 05:53 PM

 つばめさん、励ましのことばありがとうございました。日曜日の昼間は元通りになって元気に食事もとれたそうです。
 今日は、早朝からいつものように散歩させました。

 つばめさんが、かげやまさんの掲示板
   http://541.teacup.com/kageyama/bbs
で紹介されていた肝がんの早期発見のための検査法が開発された南日本新聞の記事を読みました。
  :http://www.373news.com/2000picup/2005/11/picup_20051111_5.htm
 この方法を開発された坪内教授には、昨年夏に宮崎での講演会で講師をお願いし、お話をお伺いしたことがあります。
 現在は、京都大学の客員教授でもあり、劇症肝炎をHGF(肝細胞再生因子)で治療する「治験」にも取り組んでおられます。
  http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~tr02hgf/discovery/
 坪内先生のことの2つの研究がうまくいけば、肝臓病患者の新しい展望が開けるかもしれませんね。

 

Posted by: sin | November 14, 2005 at 06:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/7056096

Listed below are links to weblogs that reference 今日も:

« ポコの発作 | Main | 開業医による講演 患者に身近なところで診療を! »