« 治療・療養情報を! | Main | 薬害肝炎 支援の輪が広がるように »

December 14, 2005

1か月 81,000円!

05z1401
 総合病院の消化器内科に勤務されていたドクターが、自宅の最寄り駅前に開業され、積極的に患者支援を行っておられます。
 毎月1回土曜日午後にクリニックの待合室を会場に「いずみ健康教室」を開催され、治療や療養について、栄養士さんや薬剤師さんとともに、さまざまな病気の療養について説明されています。
 また、地域のミニコミ誌「地域医療Q&A」のコーナーでも、時々の話題についての解説を担当されています。
 12月第2回目は、インターフェロン治療の費用です。

 記事の概要を紹介しますと、
  ------------------------
 最新のインターフェロン治療であるペグインターフェロン&リバピリン治療を例にとって、クリニックの場合

 ・ペグインターフェロンの価格が100μgのもので現状薬価が32,630円
 ・リバビリン 一カプセルが910円。
  1日4カプセル服用の場合、1週間のリバビリンの価格は910×4×7日25,480円
 ・医療機関の検査などの保険点数金額と調剤薬局の分を含めて4週間の合計保険点数金額は約27万円
 ・3割負担の患者さんのお支払額は約81,000円
 ・高額療養費制度を利用すると、一般では月額支払い上限が72,300円
  -------------------------
と説明されています。
 なんと高いことか!

 政府の医療制度構造改革の概要が発表されました。
 毎日新聞(05/12/02付 東京本社発行)にその概要が紹介されていました。
   http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kenko/news/20051202ddm007010023000c.html

 その中には「高額療養費制度」の見直しにもふれられています。 
  -----------------------
▽高額療養費の自己負担限度額について、賞与を含む報酬総額に見合った水準となるよう引き上げる。人工透析患者のうち所得の高い者は負担限度額を引き上げる。
------------------------

 B型肝炎やC型肝炎の抗ウイルス療法は、相当長期間の治療が必要です。これ以上患者負担が増えると、いくら良い薬や治療法が登場しても、治療を受けられない患者が増えることは目に見えています。
 なんとかしなければ!
 


|

« 治療・療養情報を! | Main | 薬害肝炎 支援の輪が広がるように »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 1か月 81,000円!:

« 治療・療養情報を! | Main | 薬害肝炎 支援の輪が広がるように »