« 薬害肝炎 いよいよ大詰めへ | Main | 同じ病状の方と »

December 06, 2005

大阪府折衝(病院事業・福祉・労働・教育)

05z0601
 6日、NPO法人大阪難病連と大阪府との折衝が府立労働センター南館会議室で行われました。10時~17時の長時間ですが、大阪府施策に関して、私たち難病・長期慢性疾患患者の療養に関するさまざまな「要望」について行われましたので、時間はまったく足りません。
 この日は、病院事業、福祉、労働、教育に関する問題について行われました。

 NPO法人大阪難病連に加盟する患者会から40人あまりの参加があり、肝臓友の会からは、S副会長さんと私が参加しました。
 障害者施策は、まだまだ不十分ですが、制度的には利用できるサービスが増えてきています。しかし、難病患者や、肝臓病でも重症の肝硬変・肝がん患者はにも、福祉サービスが必要な場合はたくさんありますが、役所は「手帳主義」(身体障害者手帳を所持しているものへの施策)の枠を変更しようとしません。
 心臓、腎臓、肺、後天性免疫不全などの疾患に対しては、身体障害者福祉法の対象として、障害者者のサービスを受けることができますが、肝臓病はいかなるものもその対象から除外されています。
 なんとかしてほしいものです。

 大阪府折衝の2回目は、12月20日の午後にも、同会場で医療分野について行われます。

|

« 薬害肝炎 いよいよ大詰めへ | Main | 同じ病状の方と »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/7521260

Listed below are links to weblogs that reference 大阪府折衝(病院事業・福祉・労働・教育):

« 薬害肝炎 いよいよ大詰めへ | Main | 同じ病状の方と »