« 肝炎患者を「医療」から遠ざける『改革大綱』 | Main | 薬害肝炎 クリスマス街宣 »

December 17, 2005

受診 「特に問題はない」

05z1701
 エコー検査(1日)の時に採血していた血液検査、肝腫瘍マーカー検査しかオーダーされていなくて、前回診察日(7日)に検査センターに残されていた検体(血清)で、「肝機能検査」の再オーダーをしてもらっていました。
 17日、クリニックで受診、血液検査結果と前月に行った胃カメラの検査結果を教えてもらいました。
 血液検査 GOT、GPT値は40台、ALPが280と少し高め以外は、アルブミンも4.5、コリンエスラーゼも380で、予備能も十分ありました。
 胃カメラ検査も、すこし赤い斑点がみられ、あれている程度だそうです。

 土曜日の診察は初めてで、総合病院から出張ってこられている若い男性医師に初めて診てもらいました。
 「いつから悪いといわれているのですか」とのドクターの質問に、「20年ほど前からです」と答えると、驚いておられました。この反応に、私は「?」。

 

|

« 肝炎患者を「医療」から遠ざける『改革大綱』 | Main | 薬害肝炎 クリスマス街宣 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/7675027

Listed below are links to weblogs that reference 受診 「特に問題はない」:

« 肝炎患者を「医療」から遠ざける『改革大綱』 | Main | 薬害肝炎 クリスマス街宣 »