« 薬害肝炎 支援の輪が広がるように | Main | 受診 「特に問題はない」 »

December 16, 2005

肝炎患者を「医療」から遠ざける『改革大綱』

05z1601
 政府・与党社会保障改革協議会が11月29日にとりまとめた「医療制度改革大綱」
  http://www.kantei.go.jp/jp/kakugikettei/2001/1129syakai.html
を読めば、高齢者が多い肝炎患者などが「医療」にかかりにくくする内容となっています。
 肝炎患者が願う「治療費の軽減」どころか、これが実施されますと患者負担はますます増えることになります。
 日本難病・疾病団体協議会は、「難病患者・長期療養患者・高齢者の生きる権利と生活を守り、国民皆保険制度を守る大運動」を呼びかけています。

 2005年11月30日、政府・与党医療改革協議会は医療制度改革大綱を決定しました。この大綱の目的は、医療費の抑制。国内総生産(GDP)に占める医療費の割合が先進7か国中で最低(平均11.5%、アメリカ14.6%、日本7.9%)にも係わらず、医療費をGDP伸び率の範囲(1~2%)に抑えるというもの。
 国庫負担を軽減する一方で、高齢者への負担を増額し、給付の抑制、診療報酬の削減を図る内容となっています。とくに、療養病床に入院している高齢者の食費・居住費を保険から外し、高額療養費や人工透析の限度額の引き上げなど、重症患者・国民の命と健康に係わる問題となっています。
 日本難病・疾病団体協議会は、11月12日~13日に第1回幹事会を開催、医療制度構造改革の学習と方針の確認を行い、12月3日-4日の第3回常任幹事会で、「国民皆保険制度を守る大運動」の要求項目を決定しました。

(1)患者負担増の「医療制度改革」に反対!
       患者・家族はこれ以上の負担増には耐えきれません。

① 高額療養費助成限度額の引き上げをしないで下さい。
② 難病や長期療養が必要な患者及び治療上必要とする患者の入院時の食事や居住費などの患者負担は増やさないで下さい。
③ 人工透析患者の自己負担限度額を引き上げないで下さい。
⑥ 健康保険の免責制度は将来的にも導入しないで下さい。
⑤ 高齢者の医療費自己負担の引き上げは行わないで下さい。
⑥ 難病や長期療養が必要な65歳~70歳の医療費自己負担を2割に引き下げて下さい。
⑦ 難病患者・長期療養患者のための長期療養給付制度を導入して下さい。

2)必要な医療はすべて保険で受けられるように!
       保険の給付範囲の楯小に反対します。

① 医療に貧富の差を持ち込む混合診療の導入を行わないで下さい。
② 難病患者が必要な医療を受けられなくなるおそれのある診断群別分類別包括評価(DPC)の導入を行なわないで下さい。
③ 市販類似薬の保険はずしは行わないで下さい。
④ 社会的入院の問題、在宅医療の促進(在宅ターミナルケアの推進、入院日数の短縮など)や包括医療の導入にあたっては、社会的背景や家庭の状況などの総合的な観点を重視し、それぞれの受け皿づくりを先に充実させると共に、個人個人の症状や状態、疾病の特性を十分に考慮し、必要な治療の抑制や病院追い出しとならないようにして下さい。
⑤ 診療報酬の改訂にあたっては、患者負担の増加や治療の質の低下にならないようにして下さい。
⑥ 地域保健医療計画の推進や国民健康保険の地域統合にあたっては、地域格差の拡大や必要な医療の抑制とならないよう、地域特性を尊重し十分な検討と配慮を行なって下さい。
⑦ 新たに高齢者保険を創設することは、憲法に基づいた国民の平等に反するものであり、また難病などの医療の継続を断ち切ることになり、認めることはできません。
  全ての国民が一つの保険制度の中で医療を受けることができるようにして下さい。

(3)『「財政先にありき」の医療制度改革』に反対!!
      真に患者本位の公平な医療制度の再構築を要望します。
① 効率化だけを求める医療制度「改革」は国民にとって大変大きな危険をはらんでいます。財政中心の医療制度「改革」ではなく、全ての国民にとって真に公平、公正であり、安心して暮らせる医療制度の再構築とするよう切に要望します。
② 予防医療の導入と共に、QOLと患者の希望を優先したリハビリ医療の充実を要望します。
③ 難病等の治療困難な病気の原因の徹底的な究明と早期診断、早期治療の体制の確立図って下さい。

|

« 薬害肝炎 支援の輪が広がるように | Main | 受診 「特に問題はない」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/7660472

Listed below are links to weblogs that reference 肝炎患者を「医療」から遠ざける『改革大綱』:

» 病院の採算悪化は考えない財務省っ! [やっばり言いたい中年のひとこと日記]
過去最大の下げ幅で調整 来年度の診療報酬改定 (共同通信:2005年12月17日17時01分) 政府、与党は17日、公的医療保険から医療機関や調剤薬局に支払われる診療報酬の来年度改定で、引き下げ幅を過去最大とする方向で最終調整に入った。社会保障費の切り詰めを目指す財務省が3%台後半の大幅引き下げを要求。これに対し、病院の採算悪化を懸念する厚生労働省などは3%程度にとどめたい考え。 折衝は同日深夜まで続くもようで、最終的には18日に決着する。介護保険サービス事業者に支払われる介護報酬も...... [Read More]

Tracked on December 18, 2005 at 06:24 PM

« 薬害肝炎 支援の輪が広がるように | Main | 受診 「特に問題はない」 »