« 薬害肝炎 結審に向けて シンポ準備 | Main | “口を磨く" »

January 14, 2006

看護師さんの確保と待遇改善

0611401
 14日、堺市民会館で私がインターフェロン治療や狭心症のステント挿入治療でお世話になっている病院の「健康友の会」(病院利用者の会)新春のつどいが開催され200人くらいの方が集まられました。

 リハビリを兼ねた「昼食会」を病院で行っているグループの余興は、アコーデオン(妻のアコーデオン教室の先生が担当)やハーモニカの伴奏のもと、水戸黄門のテーマソングにあわせて「どんぐりころころ」を歌いながら踊りを添えるというもの。
 また、幻の国民歌「我ら愛す」の合唱が披露されたりしました。(写真)
 病院専務理事の挨拶では、これからの病院運営の重点課題が説明されました。
 1)災害に強い病院に(地域の災害拠点機能)
 2)医療機能の集約(透析センター・慢性期病棟の併設)
 3)療養環境の整備(とりわけ看護現場の改善)
などがあげられていました。
 看護師さん、女性の多い職場です。患者もドクターよりもたいへんお世話になる職種、多くの問題をはらんでいて、そのお仕事の困難性についても患者側から知る努力も必要だと思いました。

|

« 薬害肝炎 結審に向けて シンポ準備 | Main | “口を磨く" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/8184994

Listed below are links to weblogs that reference 看護師さんの確保と待遇改善:

« 薬害肝炎 結審に向けて シンポ準備 | Main | “口を磨く" »