« 患者支援どころか 撤退へ! | Main | 情報を共有することの大切さ »

February 12, 2006

患者に負担を押しつける 

06211010621102
 写真:11日、教室などを利用して五色百人一首、楽しい算数・国語、手話・点字教室、自学コーナー。グランドでは、キックベースボール。現役のお母さん方は、「見守り」をテーマにグループワーク。
 地元小学校での「サタデースクール」や校庭開放事業。PTA役員OBなどが、役所や学校との調整役を果たしています。

 10日、政府は、閣議で今国会に提出する「医療改革法案」を決定したと新聞各紙が報じています。
 毎日新聞に、今度の医療改革が実施されると患者にどのような影響が及ぶのか詳しく報じています。

 


 「医療制度改革:法案閣議決定 負担増、目白押し--制度こう変わる」
 毎日新聞 オンラインニュース 06/02/11

 毎日新聞は、この記事の最後で、今後5年間で国民は、2.7兆円の負担を強いられることになると結んでいます。

 また、同紙「医療制度改革:高齢者の負担増、出産育児を支援--法案を閣議決定」(06/02/10夕刊)では、具体的な負担を
◆医療制度改革のポイント◆
 <2006年10月>
  ▽現役並み所得の70歳以上の窓口負担を2割から3割に
  ▽70歳以上の長期入院患者の食住費を全額自己負担に
  ▽高額療養費の負担限度額引き上げ
 
 <08年4月>
  ・都道府県が医療費適正化計画
  ・新高齢者医療制度創設
  ・70~74歳の窓口負担を1割から2割に
  ・政管健保財政を都道府県単位に分割
と紹介しています。

 高齢者に集中するC型肝炎(肝硬変・肝がん)患者にとって、この法律が通ると治療を受けられない患者がますます増えるのではないでしょうか。


|

« 患者支援どころか 撤退へ! | Main | 情報を共有することの大切さ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/8619657

Listed below are links to weblogs that reference 患者に負担を押しつける :

» 高齢者イジメ・・・なのか?(医療制度改革) [Flamer, Flamer]
医療制度改革法案が閣議決定したそうな。 中でも目を引いたのが高齢者について。 主な内容は、 ?70-74歳の高齢者の窓口負担を1割→2割に ?高齢者用の病床の数を38万→15万に ?減らした23万の病床を介護にまわす ?75歳以上対象の新しい医療保険制度の創設 ・・・ってとこ。 ?、?を見る限りは老人いじめにしか見えないワケだが、 ?で病院が介護施設を運営することを認め、 帳尻を合わせるというもの。 コレに注目した... [Read More]

Tracked on February 12, 2006 at 07:26 PM

« 患者支援どころか 撤退へ! | Main | 情報を共有することの大切さ »